ハングルマスター

ゆきかわの韓国語の教科書

韓国語の副詞「ふと/ふいに」とは?【문득】意味を勉強しよう!

この記事をシェアする

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「ふと」について勉強しましょう。

「ふと、よいアイデアが浮かんだ」というような文章で活用できます。
ぜひ、一読ください。

f:id:yukik8er:20191124201736j:plain

解説

【문득】
読み:ムントゥ
発音:mun-tŭk

意味は、副詞で「ふと」「ふいに」「はっと」「突然」となります。

類義語の『갑자기』との違い。
『갑자기』は、頭の中・心の中で起きること以外に、身に起きることにも用いることが出来ます。

【문득】は、頭の中・心の中で起きることにしか用いることができない。

両方可
◎ふいに思いついた
◎ふと、そんな気がした

문득は不可
□夜中にふと目が覚めた
□突然、雨が降り出した

類義語

【갑자기】突然・いきなり
読み:カチャギ

【돌연】突然
読み:トリョン
※漢字語です。

活用例

【문득 머리를 스치다】ふと頭をよぎる
読み:ムントゥ モリル スチダ

【문득 본즉】ふとみると
読み:ムントゥ ポンジュ

【문득 생각이 나다】ふと思い出す
読み:ムントゥ センガギ ナダ

【문득 정신이 들다】ふと我に返る
読み:ムントゥ チョンシニ トゥ

例文

・문득 머리를 스쳤습니다.
読み:ムントゥ モリル スチョッスムニダ
訳:ふと頭をよぎりました。

・문득 학생 시절을 생각나는 것이 있습니다.
読み:ムントゥ ハセンシジョル センガンナヌン ゴシ イッスムニダ
訳:ふいに学生時代を思い出すことがあります。

・문득 좋은 생각이 떠올랐습니다.
読み:ムントゥ チョウン センガギ ットオルラッスムニダ
訳:ふと良い考えが浮かびました。

・불안이 문득 마음을 스칩니다.
読み:プラニ ムントゥ マウムル スチムニダ
訳:不安がふと心をかすめます。

あとがき

正直、類義語の『갑자기』を使用した方が間違いない!といったところです。
両方の単語を覚えて使い分けできればかっこいいと思いますが...。
いろんな例文を作って活用していきましょう。

ではでは、このへんで~。アンニョンハセヨ!