ハングルマスター

ゆきかわの韓国語の教科書

韓国語で「熱意」とは?【열의】意味を勉強しよう!

この記事をシェアする

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「熱意」について勉強しましょう。

「熱意を感じますね!」というような文章で活用できます。
ぜひ、一読ください。

f:id:yukik8er:20191111122100j:plain

解説

【열의】
読み:ヨルィ
発音:yŏ-ri

意味は、名詞で「熱意」となります。
ほぼ「ヨリ」という発音です。

活用例

【열의에 넘치다】熱意にあふれる
読み:ヨルィエ ノムチダ

【열의에 불타다】熱意に燃える
読み:ヨルィエ プタダ

【열의를 가지다】熱意を持つ
読み:ヨルィル カジダ

【열의를 느끼다】熱意を感じる
読み:ヨルィル ヌッキダ

現在形

【열의다】熱意だ
読み:ヨルィダ

【열의입니다】熱意です(ハムニダ体)
読み:ヨルィイムニダ

【열의예요】熱意です(ヘヨ体)
読み:ヨルィエヨ

【열의야】熱意だよ(パンマル)
読み:ヨルィヤ

ハムニダ体:丁寧語(硬い)
ヘヨ体  :丁寧語(やわらかい)
パンマル :親しい間柄で使用するタメ口

過去形

【열의였다】熱意だった
読み:ヨルィヨッタ

【열의였습니다】熱意でした(ハムニダ体)
読み:ヨルィヨッスムニダ

【열의였어요】熱意でした(ヘヨ体)
読み:ヨルィヨッソヨ

【열의였어】熱意だったよ(パンマル)
読み:ヨルィヨッソ

否定形

【열의가 아니다】熱意ではない
読み:ヨルィガ アニダ

【열의가 아닙니다】熱意ではありません(ハムニダ体)
読み:ヨルィガ アニムニダ

【열의가 아니에요】熱意ではありません(ヘヨ体)
読み:ヨルィガ アニエヨ

【열의가 아니야】熱意ではないよ(パンマル)
読み:ヨルィガ アニヤ

熱意がある

【열의가 있다】
読み:ヨルィガ イッタ

【열의가 있습니다】熱意があります(ハムニダ体)
読み:ヨルィガ イッスムニダ

【열의가 있어요】熱意があります(ヘヨ体)
読み:ヨルィガ イッソヨ

【열의가 있어】熱意があるよ(パンマル)
読み:ヨルィガ イッソ

熱意がない

【열의가 없다】
読み:ヨルィガ オ

【열의가 없습니다】熱意がないです(ハムニダ体)
読み:ヨルィガ オスムニダ

【열의가 없어요】熱意がないです(ヘヨ体)
読み:ヨルィガ オソヨ

【열의가 없어】熱意がないよ(パンマル)
読み:ヨルィガ オ

例文

・정말 열의를 느끼네요!
読み:チョンマ ヨルィル ヌッキネヨ
訳:本当に熱意を感じますね!

・열의밖에 없습니다.
読み:ヨルィパッケ オスムニダ
訳:熱意しかありません。

あとがき

熱意って大事ですよね!
熱意がないと、韓国語の勉強もできないと思います。
みなさま、一緒に頑張りましょう☆彡

ではでは~。

スポンサーリンク