ハングルマスター

ゆきかわの韓国語の教科書

韓国語の接続詞「~いっぱい」とは?【껏】意味を勉強しよう!

この記事をシェアする

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「~いっぱい」について勉強しましょう。

「力いっぱい」や「心を込めて」などの文章を作ることができます。
ぜひ、ご確認ください。

f:id:yukik8er:20191008220543j:plain

解説

【껏】
読み:コッ
発音:kkŏt

意味は、接続詞で「~いっぱい」「~込めて」「~を尽くして」「~の限り」となります。

名詞の後に付けるだけです。

活用例

【마음껏】思う存分・思いっきり
読み:マウッコッ
※「마음」は心という単語ですが、上記のような訳となります。
「心ゆくまで」と言っても良いです。

  ハングル 読み
精一杯 힘껏 ヒムッコッ
できる限り 한껏 ハンッコッ
力いっぱい 기껏 キッコッ
心をこめて 정성껏 チョンソンッコッ
思いっきり 실껏 シルッコッ


※「힘껏」「한껏」「기껏」ほぼ同じように使われます。
思いっきりの「마음껏」「실껏」も同じ意味です。

例文

・정성껏 요리를 만들었습니다.
読み:チョンソンッコッ ヨリル マンドゥロッスムニダ
訳:心を込めて料理を作りました。

・힘껏 일을하고 있어요.
読み:ヒムッコッ イルラゴ イッソヨ
訳:精一杯仕事をしています。

・오늘은 마음껏 즐기자!
読み:オヌルン マウムッコッ チュギジャ
訳:今日は、思いっきり楽しもう!

・어제는 밥을 실껏 먹었어!
読み:オジェヌン パブル シッコ モゴッソ
訳:昨日は、ご飯を心ゆくまで食べたよ!
※「실껏」を【실컷】としても同じ意味となります。

あとがき

活用例からいろんな例文を作ってみましょう。

では、このへんで~。
さよなら~ん( *´艸`)

スポンサーリンク