ハングルマスター

ゆきかわの韓国語の教科書

韓国語の副詞「よく」「うまく」とは?【잘】意味を勉強しよう!

この記事をシェアする

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「よく」について勉強しましょう。

「よく」「うまく」という意味だけではなく、広く使われる副詞で「いただきます」の【잘 먹겠습니다】でも【잘】が活用されています。

解説~活用例まで、ぜひ一読ください。

f:id:yukik8er:20190922123528j:plain

解説

【잘】
読み:チャ
発音:chal

意味は、副詞で「よく」「うまく」となります。

よく用言の前に出没する副詞【잘】ですが、あまり直訳してはいけない単語となります。
例えば【잘했어요】のように「よくやりましたね」みたいな文章では「よく」「うまく」と訳して問題ありませんが【잘 먹었습니다】は「ごちそうさまでした」となります。

用言の前に【잘】を持ってくることで、用言を強調することができます。
ただし、直訳すると意味が分からなくなることが多々ありますので、そこは慣れで覚えていくしかありません。

活用例

【잘 지내다】よく過ごす
読み:チャル チネダ

【잘 먹다】いただく(食事)
読み:チャル 

【잘 모르다】よく分からない
読み:チャル モルダ

【잘하다】上手だ
読み:チャラダ

【잘못하다】間違う
読み:チャモタダ

【잘됐다】上手くいった
読み:チャドェッタ

例文

・내가 잘못됐어.
読み:ネガ チャモテッソ
訳:私が間違ってたわ。

・일본어를 잘하네요.
読み:イルボノル チャラネヨ
訳:日本語がお上手ですね。

・가족을 잘 모른다.
読み:カジョグ チャル モルンダ
訳:家族をよく知らない。

・잘 먹었습니다.
読み:チャル モゴッスムニダ
訳:ごちそうさまでした。

・잘 지내셨습니까?
読み:チャル チネショッスムニッカ?
訳:お元気でしたか?

あとがき

【잘】は、いろんな訳で使用されるので、絶対にこう!というわけではありません。
幅広く、柔軟にとらえる必要があります。
いろんなパターンで例文を作ってみてください。

では、アンニョン!

スポンサーリンク