ハングルマスター

韓国語・ハングルを勉強したい!YUKIKAWA独学ブログ

韓国語で「差し掛かる」とは?【다다르다】意味を勉強しよう!

この記事をシェアする

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「さしかかる」について勉強しましょう。

「急カーブに差し掛かります」というような文章で活用できます。
ぜひ、一読ください。

f:id:yukik8er:20200325225936j:plain

解説

【다다르다】
読み:タダルダ
発音:ta-da-rŭ-da

意味は、動詞で「差し掛かる」となります。
文章によっては「至る」「(山場を)迎える」という訳でも用いることが出来ます。

類義語

【접어들다】差し掛かる・迎える
読み:チョボドゥ
※「仕上げに差し掛かる」「春を迎える」など、ある時期に差し掛かるというときに用いる。

現在形

【다다릅니다】差し掛かります(ハムニダ体)
読み:タダルムニダ

【다다라요】差し掛かります(ヘヨ体)
読み:タダラヨ

【다다라】差し掛かるよ(パンマル)
読み:タダラ

ハムニダ体:丁寧語(硬い)
ヘヨ体  :丁寧語(やわらかい)
パンマル :親しい間柄で使用するタメ口

過去形

【다다랐다】差し掛かった
読み:タダラッタ

【다다랐습니다】差し掛かりました(ハムニダ体)
読み:タダラッスムニダ

【다다랐어요】差し掛かりました(ヘヨ体)
読み:タダラッソヨ

【다다랐어】差し掛かったよ(パンマル)
読み:タダラッソ

推量形

【다다르겠다】差し掛かる
読み:タダルゲッタ

【다다르겠습니다】差し掛かります(ハムニダ体)
読み:タダルゲッスムニダ

【다다르겠어요】差し掛かります(ヘヨ体)
読み:タダルゲッソヨ

【다다르겠어】差し掛かるよ(パンマル)
読み:タダルゲッソ

未来形の意志・推量の接続語尾です。
客観的な「~だろう」というニュアンスです。

現在進行形

【다다르고 있다】差し掛かっている
読み:タダルゴ イッタ

【다다르고 있습니다】差し掛かっています(ハムニダ体)
読み:タダルゴ イッスムニダ

【다다르고 있어요】差し掛かっています(ヘヨ体)
読み:タダルゴ イッソヨ

【다다르고 있어】差し掛かっているよ(パンマル)
読み:タダルゴ イッソ

過去進行形

【다다르고 있었다】差し掛かっていた
読み:タダルゴ イッソッタ

【다다르고 있었습니다】差し掛かっていました(ハムニダ体)
読み:タダルゴ イッソッスムニダ

【다다르고 있었어요】差し掛かっていました(ヘヨ体)
読み:タダルゴ イッソッソヨ

【다다르고 있었어】差し掛かっていたよ(パンマル)
読み:タダルゴ イッソッソ

疑問形

【다다릅니까?】差し掛かりますか?
読み:タダルムニッカ?

例文

・길모퉁이에 다다릅니다.
読み:キモトンイエ タダルムニダ
訳:曲がり角に差し掛かります

・산길로 다다를 무렵에 비가 내리기 시작했어요.
読み:サンギロ タダル ムリョベ ピガ ネリギ シジャケッソヨ
訳:山道に差し掛かる頃に雨が降り始めました。

あとがき

ラソンとかで「折り返し地点に差し掛かります」という文章などが思い付きますね。
普段の生活で特に出てこない単語かもしれませんが覚えておきましょう。

では、このへんで!

スポンサーリンク