ハングルマスター

ゆきかわの韓国語の教科書

韓国語で「戦慄」とは?【전율】意味を勉強しよう!

この記事をシェアする

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「戦慄」について勉強しましょう。

「事件の報道を聞いて戦慄を覚えた」というような文章で活用できます。
ぜひ、一読ください。

f:id:yukik8er:20191124203807j:plain

解説

【전율】
読み:チョニュ
発音:chŏ-nyul

意味は、名詞で「戦慄」となります。

戦慄(せんりつ)とは?

恐ろしくて体が震えること。
緊張・恐怖などのマイナスのイメージで使われますが、寒さ・感動などで震えるときも用いられる。

活用例

【전율을 느끼다】戦慄を覚える
読み:チョニュル ヌッキダ

現在形

【전율을 느낍니다】戦慄を覚えます(ハムニダ体)
読み:チョニュル ヌッキムニダ

【전율을 느껴요】戦慄を覚えます(ヘヨ体)
読み:チョニュル ヌッキョヨ

【전율을 느껴】戦慄を覚えるよ(パンマル)
読み:チョニュル ヌッキョ

ハムニダ体:丁寧語(硬い)
ヘヨ体  :丁寧語(やわらかい)
パンマル :親しい間柄で使用するタメ口

過去形

【전율을 느꼈다】戦慄を覚えた
読み:チョニュル ヌッキョッタ

【전율을 느꼈습니다】戦慄を覚えました(ハムニダ体)
読み:チョニュル ヌッキョッスムニダ

【전율을 느꼈어요】戦慄を覚えました(ヘヨ体)
読み:チョニュル ヌッキョッソヨ

【전율을 느꼈어】戦慄を覚えたよ(パンマル)
読み:チョニュル ヌッキョソ

意志形

【전율을 느끼겠다】戦慄を覚える
読み:チョニュル ヌッキゲッタ

【전율을 느끼겠습니다】戦慄を覚えます(ハムニダ体)
読み:チョニュル ヌッキゲッスムニダ

【전율을 느끼겠어요】戦慄を覚えます(ヘヨ体)
読み:チョニュル ヌッキゲッソヨ

【전율을 느끼겠어】戦慄を覚えるよ(パンマル)
読み:チョニュル ヌッキゲッソ

これから「~です・ます」と伝えるときに使用。
主観的意志「戦慄を覚えるだろう」というイメージ

例文

・갑자기 전율에 휩싸이게 했다.
読み:カチャギ チョニュレ フィサイゲ ヘッタ
訳:急に戦慄に包まれた。

あとがき

普段の生活でそんなに活用する単語ではありませんが、一応覚えておきましょう。
いろんなパターンで例文を作ってみてください。

では、また~。