ハングルマスター

韓国語・ハングルを勉強したい!YUKIKAWA独学ブログ

韓国語の助詞「~を」とは?【을・를】使い方を教えて!

この記事をシェアする

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語の助詞を学びましょう。

「ご飯食べます」「テレビ見ます」というような文章で活用できます。
ぜひ、一読ください。

f:id:yukik8er:20190701235547j:plain

解説

【를】パッチム
読み:ル
発音:rŭl

【을】パッチム
読み:(ウ)
発音:ŭl

「을」は、パッチムと連音化するため「ウ」という発音にはなりません。

意味は「~を」となります。
文章によっては「~に」「~が」ともなります。

活用例

・아침을 먹습니다.
読み:アチムスムニダ
訳:朝食を食べます。

・책을 사고 있습니다.
読み:チェグ サゴ イッスムニダ
訳:本を買ってます。

・사과를 그렸습니다.
読み:サグァル クリョッスムニダ
訳:リンゴを描きました。

活用例「~に」

・친구를 만납니다.
読み:チングルル マンナムニダ
訳:友達に会います。

・어머니를 만났습니다.
読み:オモニルル マンナッスムニダ
訳:母に会いました。

・지현을 만나고 싶다.
読み:ジヒョヌル マンナゴ シプタ
訳:ジヒョンに会いたい。

解説

例文を見てもらうと分かりますが、友達や家族「に」会うという文章を作るときは
使用するのは【을・를】です。

「会う」という目的を表すので【을・를】となるそうです。

活用例「~に」②

・버스를 탑니다.
読み:ポスルル タムニダ
訳:バスに乗ります。

・차를 타고 있다.
読み:チャルル タゴイッタ
訳:車に乗っている

解説

こちらも「~に」ですが【를】を使用していますね。
【名詞】+【動詞】のときは助詞は【을・를】になります。

イメージとして、私が~をどうするかということです。

活用例「~が」

・고양이를 좋아합니다.
読み:コヤンイル チョアハムニダ
訳:猫が好きです。

解説

「~が好きです」「~が嫌いです」という動詞がくる場合、助詞は『이』『가』を用いません。

形容詞で「良い」「嫌」の場合は『이』『가』を用います。

・고양이 싫어.
読み:コヤンイガ シロ
訳:猫が嫌なの。

あとがき

【을・를】は「~を」「~に」「~が」と3パターンで使用されますが、きまぐれに分かれるわけではありません

目的を表すというルールに沿って使用できる万能な助詞ということです。
正直、日本語に直訳しようとすれば難しく感じてしまいますが慣れだと思います。

それでは、このへんで!

スポンサーリンク