ハングルマスター

ゆきかわの韓国語の教科書

韓国語で「言う・話す」とは?【말하다】意味を教えて!

この記事をシェアする

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「話す」「言う」について勉強しましょう。

ぜひ、ご活用くださいませ。

f:id:yukik8er:20191016000738j:plain

解説

【말하다】
読み:マラダ
発音:mal-ha-da

意味は、動詞で「話す」「言う」「喋る」です。
文章によっては「伝える」「述べる」と訳すときもあります。

現在形

【말합니다】話します(ハムニダ体)
読み:マラムニダ

【말해요】話します(ヘヨ体)
読み:マレヨ

【말해】話すよ(パンマル)
読み:マレ

ハムニダ体:丁寧語(硬い)
ヘヨ体  :丁寧語(やわらかい)
パンマル :親しい間柄で使用するタメ口

過去形

【말했다】話した
読み:マレッタ

【말했습니다】
話しました(ハムニダ体)
読み:マレッスムニダ

【말했어요】話しました(ヘヨ体)
読み:マレッソヨ

【말했어】話したよ(パンマル)
読み:マレッソ

意志/推量形

【말하겠다】話す
読み:マラゲッタ

【말하겠습니다】
話します(ハムニダ体)
読み:マラゲッスムニダ

【말하겠어요】話します(ヘヨ体)
読み:マラゲッソヨ

【말하겠어】話すよ(パンマル)
読み:マラゲッソ

未来形の意志・推量の接続語尾です。
主観的な「~つもり」客観的な「~だろう」というニュアンスです。

現在進行形

【말하고 있다】話している
読み:マラゴ イッタ

【말하고 있습니다】
話しています(ハムニダ体)
読み:マラゴ イッスムニダ

【말하고 있어요】話しています(ヘヨ体)
読み:マラゴ イッソヨ

【말하고 있어】話しているよ(パンマル)
読み:マラゴ イッソ

過去進行形

【말하고 있었다】話していた
読み:マラゴ イッソッタ

【말하고 있었습니다】
話していました(ハムニダ体)
読み:マラゴ イッソッスムニダ

【말하고 있었어요】話していました(ヘヨ体)
読み:マラゴ イッソッソヨ

【말하고 있었어】話していたよ(パンマル)
読み:マラゴ イッソッソ

否定形

【말하지 않다】話さない
読み:マラジ アンタ

【말하지 않습니다】話しません
読み:マラジ アンスムニダ

願望形

【말하고 싶다】話したい
読み:マラゴ シプタ

依頼形

【말해주세요】話してください
読み:マレジュセヨ

命令形

【말하십시오】話してください
読み:マラシプシオ

【말하세요】話してください
読み:マラセヨ
※「話しなさい」でも可

【말해라】話せ
読み:マレラ

勧誘形

【말합시다】話しましょう
読み:マラプシダ

【말하자】話そう
読み:マラジャ

仮定形

【말하면】話せば
読み:マラミョン

例文

・나중에 말하겠어요!
読み:ナジュンエ マラゲッソヨ
訳:後で言います!

・이 비밀은 절대로 말하지 마.
読み:イ ピミルン チョルテロ マラジマ
訳:この秘密は絶対に言わないでください。

あとがき

よく、韓国ドラマでも「マレ!」と聞きますよね。
「言って」や「言え」というセリフです。

ときに、状況で『해』だけで「言って」というときもありますけど。
使い方は、なんか言いたそうな人に、どうぞというニュアンスです。

ではでは、このへんで。

スポンサーリンク