スポンサーリンク

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「合コン」について勉強しましょう。

日本の「合コン」とは少々違いがございます。
ぜひ、一読くださいませ。


スポンサーリンク

解説

【소개팅】
読み:ソゲティンg
発音:so-gae-ting

意味は、名詞で「合コン」となります。

'紹介(소개) + 'Geting(팅)' =소개팅
上記のような形でできた造語です。

日本語の合コンも『合同company』の略だということで、どこの国も略して普段の会話で使いやすく取り入れています。

日本の合コンとの違い

日本の合コンは、男女の人数を合わせてお食事&飲み会をして中には交際する人も出てくる出会いの場ですよね。

韓国の【소개팅】は、少々違います。簡単に言うと「紹介」の出会いの場です。
「この2人合うだろうな」と思う男女に出会いの場を設けるというもの。

なので1対1、もしくは紹介者を含めた2対2といったところでしょうか。

2対2で会った場合、紹介者は途中退席。
その後、紹介された2人は連絡先を交換するみたいな流れ。

あと紹介された2人は、3回会うまでに付き合うかどうするか決めるのが暗黙のルールだそう。
まぁ、3回くらいあれば相手のことなんとなく分かりますよね。

類義語

【미팅】ミーティング
読み:ミティンg

ミーティングという「合コン」もあるそうです。
こっちは、日本の合コンのように男女の人数を合わせて集まり、ゲームをして男女ペアになりデートするというものです。

*ゲーム*
男性に見せずに、女性1人ずつ持ち物1個をテーブルの上に出し…男性1人ずつ、女性の持ち物を選んでペアになるというもの。

A子:ヘアゴム B子:指輪 C子:腕時計
B子ちゃんとペアになりたいのに、ヘアゴムを選んだら、最悪…ってやつです。

例文

・내일 첫소개팅을 하게 됐어요.
訳:明日、初の合コンをすることになりました。

・소개팅 전에 미용실에 갔어요.
訳:合コンの前に美容室に行きました。

あとがき

韓国と日本では、結構違いますね。
【소개팅】の場合の方が、付き合う確率が高そうですが...相手が微妙な場合、断りづらいという...。

みなさんは、合コンってどう思います?
何回か行ったことありますが、イラっとすることの方が多かったイメージです。性格が合う人と合コンで出会うのは皆無!!하하하

では、このへんで~。

おすすめの記事