ハングルマスター

ゆきかわの韓国語の教科書

韓国語で「傷・怪我」とは?【상처】意味を勉強しよう!

この記事をシェアする

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「傷」について勉強しましょう。

「あっ!ここ、傷がある」というようなときに用います。
ぜひ、一読ください。

f:id:yukik8er:20190211190634j:plain

解説

【상처】
読み:サンチョ
発音:sang-chŏ

意味は、名詞で「傷」「傷口」となります。
「怪我」と訳しても構いません。

活用例・単語

【상처투성이】傷だらけ
読み:サンチョトゥソンイ

【상처받다】傷つく
読み:サンチョパッタ

【상처입다】傷つく
読み:サンチョイ

【상처가 나다】傷がつく
読み:サンチョガ ナダ

【상처가 가시다】傷が治る
読み:サンチョガ カシダ

【상처가 아프다】傷が痛い
読み:サンチョガ アプダ

現在形

【상처다】傷だ
読み:サンチョダ

【상처입니다】傷です(ハムニダ体)
読み:サンチョイムニダ

【상처예요】傷です(ヘヨ体)
読み:サンチョエヨ

【상처야】傷だよ(パンマル)
読み:サンチョヤ

ハムニダ体:丁寧語(硬い)
ヘヨ体  :丁寧語(やわらかい)
パンマル :親しい間柄で使用するタメ口

過去形

【상처였다】傷だった
読み:サンチョヨッタ

【상처였습니다】傷でした(ハムニダ体)
読み:サンチョヨッスムニダ

【상처였어요】傷でした(ヘヨ体)
読み:サンチョヨッソヨ

【상처였어】傷だったよ(パンマル)
読み:サンチョヨッソ

否定形

【상처가 아니다】傷ではない
読み:サンチョガ アニダ

【상처가 아닙니다】傷ではありません(ハムニダ体)
読み:サンチョガ アニムニダ

【상처가 아니에요】傷ではありません(ヘヨ体)
読み:サンチョガ アニエヨ

【상처가 아니야】傷ではないよ(パンマル)
読み:サンチョガ アニヤ

疑問形

【상처입니까?】傷ですか?
読み:サンチョイムニッカ?

仮定形

【상처라면】傷なら
読み:サンチョラミョン

傷がある 活用

【상처가 있다】傷がある
読み:サンチョガ イッタ

【상처가 있습니다】傷があります(ハムニダ体)
読み:サンチョガ イッスムニダ

【상처가 있어요】傷があります(ヘヨ体)
読み:サンチョガ イッソヨ

【상처가 있어】傷があるよ(パンマル)
読み:サンチョガ イッソ

傷があった 活用

【상처가 있었다】傷があった
読み:サンチョガ イッソッタ

【상처가 있었습니다】傷がありました(ハムニダ体)
読み:サンチョガ イッソッスムニダ

【상처가 있었어요】傷がありました(ヘヨ体)
読み:サンチョガ イッソッソヨ

【상처가 있었어】傷があったよ(パンマル)
読み:サンチョガ イッソッソ

例文

・상처가 있지만, 무슨 일이야?
読み:サンチョガ イッチマン ムスン イリヤ
訳:傷があるけど、何かあったの?

あとがき

活用例から、いろんな例文が作れると思います。
普段使いできそうな例文を作成してみましょう。

ではでは、また~。

スポンサーリンク