ハングルマスター

韓国語独学者におくる単語集

韓国語の【피우다】を活用する!「起こす」「~する」etc ピウダの日本語訳が多すぎる?

この記事をシェアする

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語の単語 '피우다' について勉強しましょう。

この単語は、様々な意味・訳を持っているので、簡単にまとめます。

f:id:yukik8er:20190922093934j:plain

解説

【피우다】
読み:ピウダ
発音:pi-u-da

主な訳「咲かせる」「吸う」「起こす」「~する」となるが、なぜこのように様々な訳になるのでしょうか?

ある行動を『起こす』というのが最終的な答えとなります。

「花を咲かせる」という行動
「煙を立ち昇らせる」という行動
「火を起こす」「騒動を起こす」という行動 etc

何もなかったところから発生させるという形で「~する」という表現に用いられる。
火を使った行動や、または、浮いている状態・浮ついている様子も含まれる。

f:id:yukik8er:20191011204723p:plain

活用例

  • お香をたく『향을 피우다』ヒャングル ピウダ
  • 騒動を起こす『소동을 피우다』ソドングル ピウダ
  • ほこりを立てる『먼지를 피우다』モンジルル ピウダ
  • 騒ぎたてる(はしゃぐ)『소란을 피우다』ソラヌル ピウダ
  • 浮気をする『바람을 피우다』パラムル ピウダ

風を吸う?

【바람을 피우다】浮気をする
読み:パラムL ピウダ

'바람' は「風」という単語となります。
「風を吸う」「風を起こす」という文章で『浮気する』という意味で用います。

あとがき

「~する」という文章にするときに、通常は하다動詞を持ってきますが、피우다に関しては慣れで覚えるしかないと思います。

피우다は、「甘える」「媚びを売る」「意地を張る」など、正直いいフレーズで使う単語ではありませんので、生活で使用しがちな『咲かせる』と『(タバコを)吸う』を基本で覚えておきましょう!!

それでは、このへんで~。

スポンサーリンク