★ハングルマスター★

YUKIKAWAハングル講座☆韓国語の勉強を一緒に始めよう!!

韓国語の【피우다】を活用する!「起こす」「~する」etc ピウダの日本語訳が多すぎる?

スポンサーリンク

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語の単語【피우다】について勉強しましょう。

様々な意味・訳を持つ【피우다】ですが、裏を読めばある答えが見えてきます。
数学で言うと方程式(過程を順序に沿ってみれば、あ~なるほどね!)

f:id:yukik8er:20180526181814j:plain

解説

主な訳「咲かせる」「吸う」「起こす」「~する」となるが、なぜこのように様々な訳になるのでしょうか?

ある行動を【起こす】というのが最終的な答えとなります。

「花を咲かせる」という行動
「煙を立ち昇らせる」という行動
「火を起こす」「騒動を起こす」という行動 etc

何もなかったところから発生させるという形で「~する」という表現に用いられる。
火を使った行動や、または、浮いている状態・浮ついている様子も含まれる。

f:id:yukik8er:20180526192244p:plain

活用例

1.お香をたく『향을 피우다』ヒャングル ピウダ

2.騒動を起こす『소동을 피우다』ソドングル ピウダ

3.ほこりを立てる『먼지를 피우다』モンジルル ピウダ

4.騒ぎたてる(はしゃぐ)『소란을 피우다』ソラヌル ピウダ

5.浮気をする『바람을 피우다』パラムル ピウダ

風を吸う?

【바람을 피우다】浮気をする
読み:パラムル ピウダ

【바람】は「風」という単語となります。
なぜ「風を吸う」「風を起こす」という文章で『浮気』を表現しているのでしょうか。
その答えは、ほぼ日本語と同じように考えます。

『浮気』、、そう!!浮ついている気持ちですよ。
風に乗って浮ついている状態を表します。

あとがき

「~する」という文章にするときに、通常は하다動詞を持ってきますが、피우다に関しては慣れで覚えるしかないと思います。
피우다は、「甘える」「媚びを売る」「意地を張る」など、正直いいフレーズで使う単語ではありませんので、生活で使用しがちな『咲かせる』と『(タバコを)吸う』を基本で覚えておきましょう!!

それでは、このへんで~^^

スポンサーリンク