ハングルマスター

韓国語の教科書

韓国語で「煮る・炊く」とは?【익히다】意味を勉強しよう!

この記事をシェアする

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「煮る」について勉強しましょう。

「お肉に火を通します」というような文章で活用できます。
ぜひ、一読ください。

f:id:yukik8er:20190809211214j:plain

解説

【익히다】
読み:イキダ
発音:i-ki-da

意味は、動詞で「煮る」「炊く」「調理する」となります。
ニュアンスは「しっかり火を通す」ということです。

他に「慣らす」「身に着ける」という訳でもあります。

現在形

【익힙니다】煮ます(ハムニダ体)
読み:イキムニダ

【익혀요】煮ます(ヘヨ体)
読み:イキョヨ

【익혀】煮るよ(パンマル)
読み:イキョ

ハムニダ体:丁寧語(硬い)
ヘヨ体  :丁寧語(やわらかい)
パンマル :親しい間柄で使用するタメ口

過去形

【익혔다】煮た
読み:イキョッタ

【익혔습니다】煮ました(ハムニダ体)
読み:イキョッスムニダ

【익혔어요】煮ました(ヘヨ体)
読み:イキョッソヨ

【익혔어】煮たよ(パンマル)
読み:イキョッソ

意志形

【익히겠다】煮る
読み:イキゲッタ

【익히겠습니다】煮ます(ハムニダ体)
読み:イキゲッスムニダ

【익히겠어요】煮ます(ヘヨ体)
読み:イキゲッソヨ

【익히겠어】煮るよ(パンマル)
読み:イキゲッソ

これから「~です・ます」と伝えるときに使用。
主観的意志「煮るつもり」「炊くだろう」というイメージ

現在進行形

【익히고 있다】煮ている
読み:イキゴ イッタ

【익히고 있습니다】煮ています(ハムニダ体)
読み:イキゴ イッスムニダ

【익히고 있어요】煮ています(ヘヨ体)
読み:イキゴ イッソヨ

【익히고 있어】煮ているよ(パンマル)
読み:イキゴ イッソ

過去進行形

【익히고 있었다】煮ていた
読み:イキゴ イッソッタ

【익히고 있었습니다】煮ていました(ハムニダ体)
読み:イキゴ イッソッスムニダ

【익히고 있었어요】煮ていました(ヘヨ体)
読み:イキゴ イッソッソヨ

【익히고 있었어】煮ていたよ(パンマル)
読み:イキゴ イッソッソ

否定形

【익히지 않다】煮ない
読み:イキジ アンタ

疑問形

【익힙니까?】煮ますか?
読み:イキムニッカ?

願望形

【익히고 싶다】煮たい
読み:イキゴ シプタ

依頼形

【익혀 주세요】煮てください
読み:イキョジュセヨ

命令形

【익히십시오】煮てください
読み:イキシプシオ

【익히세요】煮てください
読み:イキセヨ
※「煮なさい」でも可

勧誘形

【익힙시다】煮ましょう
読み:イキプシダ

【익히자】煮よう
読み:イキジャ

仮定形

【익히면】煮れば
読み:イキミョン

例文

・돼지고기는 잘 익혀서 먹자.
読み:トェジゴギヌン チャル イキョソ モクチャ
訳:豚肉は、よく煮て食べよう。

あとがき

活用例・例文の訳を「煮る」にしていますが、火を通すという意味なら「焼く」でも「揚げる」も大丈夫だと思います。

訳すときに調理法が分からない場合は「火を通す」で訳しましょう。

では、また~。あんにょん。

スポンサーリンク