ハングルマスター

ゆきかわの韓国語の教科書

韓国語で気合を入れる掛け声「よしっ」とは?【아자】意味と解説。

この記事をシェアする

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「よしっ」「よっしゃ」について勉強しましょう。

気合いを入れるときに使用します。
ぜひ、一読ください。

f:id:yukik8er:20190919131347j:plain

解説

【아자】
読み:アジャ
発音:a-ja


意味は「よし、頑張るぞ」や「よし、行くか」などこれからの出来事に気合を入れるときの掛け声となります。

【아자아자】
読み:アジャアジャ
発音:a-ja-a-ja

上記と同じで、気合を入れるときに使用。
単語を2つ組み合わせて使うことに特に意味はないようですが、強調できるかと思います。

これから、大事な試験!という人を送り出すときに使用すると最適かも。

類義語

【빠샤빠샤】
読み:ッパシャッパシャ

こちらも【아자】とほぼ、同じ意味で使用されます。
使い方は「よくやったな!」「よく頑張ったわね」と一緒にお祝いするときにかける言葉です。

活用例

・아자! 오늘도 화이팅.
読み:アジャ オヌド ファイティン
訳:よしっ!今日も頑張ろう!

・아자아자 파이팅!
読み:アジャアジャ パイティン
訳:よっしゃ!頑張ってね!

あとがき

類義語の「빠샤빠샤」は、ドラマで主人公が使ったことで広まったりしたようなので、スラングとしての認識でいいのでしょうか...。
特に覚えなくてもいい単語かもしれませんが、覚えておくと韓国映画やドラマを楽しめると思います。

では、今回はこのへんで~。アンニョンハセヨ。

スポンサーリンク