ハングルマスター

韓国語独学者におくる単語集

韓国語で「吠える」とは?【짖다】意味を勉強しよう!

この記事をシェアする

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「吠える」について勉強しましょう。

「犬が吠えてるけど、何かあったのかしら」というような文章で活用できます。
ぜひ、一読ください。

f:id:yukik8er:20201209144126j:plain

解説

【짖다】
読み:チッタ
発音:chit-tta

意味は、動詞で「吠える」「やかましく鳴く」となります。

現在形

【짖습니다】吠えます(ハムニダ体)
読み:チッスムニダ

【짖어요】吠えます(ヘヨ体)
読み:チジョヨ

【짖어】吠えるよ(パンマル)
読み:チジョ

ハムニダ体:丁寧語(硬い)
ヘヨ体  :丁寧語(やわらかい)
パンマル :親しい間柄で使用するタメ口

過去形

【짖었다】吠えた
読み:チジョッタ

【짖었습니다】吠えました(ハムニダ体)
読み:チジョッスムニダ

【짖었어요】吠えました(ヘヨ体)
読み:チジョッソヨ

【짖었어】吠えたよ(パンマル)
読み:チジョッソ

意志/推量形

【짖겠다】吠える
読み:チッケッタ

【짖겠습니다】吠えます(ハムニダ体)
読み:チッケッスムニダ

【짖겠어요】吠えます(ヘヨ体)
読み:チッケッソヨ

【짖겠어】吠えるよ(パンマル)
読み:チッケッソ

未来形の意志・推量の接続語尾です。
主観的な「~つもり」客観的な「~だろう」というニュアンスです。

現在進行形

【짖고 있다】吠えている
読み:チッコ イッタ

【짖고 있습니다】吠えています(ハムニダ体)
読み:チッコ イッスムニダ

【짖고 있어요】吠えています(ヘヨ体)
読み:チッコ イッソヨ

【짖고 있어】吠えているよ(パンマル)
読み:チッコ イッソ

過去進行形

【짖고 있었다】吠えていた
読み:チッコ イッソッタ

【짖고 있었습니다】吠えていました(ハムニダ体)
読み:チッコ イッソッスムニダ

【짖고 있었어요】吠えていました(ヘヨ体)
読み:チッコ イッソッソヨ

【짖고 있었어】吠えていたよ(パンマル)
読み:チッコ イッソッソ

否定形

【짖지 않다】吠えない
読み:チッチ アンタ

疑問形

【짖습니까?】吠えますか?
読み:チッスムニッカ?

仮定形

【짖으면】吠えれば
読み:チジュミョン

例文

・개가 계속 짖고 있어요.
読み:ケガ ケソ チッコ イッソヨ
訳:犬がずっと吠えてます。

・멍멍이가 갑자기 멍멍하고 짖어왔다.
読み:モンモンイガ カチャギ モンモンハゴ チジョワッタ
訳:ワンちゃんがいきなりワンワン吠えてきた。

あとがき

大きい犬が「ワンワン」吠えるより、小さい犬の「キャンキャン」の方が苦手です。
ワンちゃんは、噛まれた経験からちょっと怖い~。

ワンちゃんを飼ってる方は、覚えておくといいと思います。

それでは、このへんで。

スポンサーリンク