スポンサーリンク

皆様、こんにちは!
今日は、韓国語で「座る」を学びましょう!

「座ってもいいですか?」というような文章で活用できます。
ぜひ、一読くださいませ。


スポンサーリンク

解説

【앉다】
読み:アンタ
発音:an-ta

意味は、動詞で「座る」となります。

他に「虫が止まる」や「地位に就く」「ほこりが溜まる」というときも用います。

活用単語

【눌러앉다】居座る
読み:ヌLロアンタ

【주저앉다】座り込む
読み:チュジョアンタ

現在形

【앉습니다】座ります(ハムニダ体)
読み:アンスmニダ

【앉아요】座ります(ヘヨ体)
読み:アンジャヨ

【앉아】座るよ(パンマル)
読み:アンジャ

ハムニダ体:丁寧語(硬い)
ヘヨ体  :丁寧語(やわらかい)
パンマル :親しい間柄で使用するタメ口

過去形

【앉았다】座った
読み:アンジャッタ

【앉았습니다】座りました(ハムニダ体)
読み:アンジャッスmニダ

【앉았어요】座りました(ヘヨ体)
読み:アンジャッソヨ

【앉았어】座ったよ(パンマル)
読み:アンジャッソ

意志/推量形

【앉겠다】座る
読み:アンケッタ

【앉겠습니다】座ります(ハムニダ体)
読み:アンケッスmニダ

【앉겠어요】座ります(ヘヨ体)
読み:アンケッソヨ

【앉겠어】座るよ(パンマル)
読み:アンケッソ

動詞の語幹:未来の時制・意志・可能性を表す
用言・時制の語幹:推量・推測を表す

現在完了形

【앉아 있다】座っている
読み:アンジャ イッタ

【앉아 있습니다】座っています(ハムニダ体)
読み:アンジャ イッスmニダ

【앉아 있어요】座っています(ヘヨ体)
読み:アンジャ イッソヨ

【앉아 있어】座っているよ(パンマル)
読み:アンジャ イッソ

「앉고 있다」は座ろうとしている様子を表すようで
既に「座っている」状態を表すのは【앉아 있다】になります。

過去完了形

【앉아 있었다】座っていた
読み:アンジャ イッソッタ

【앉아 있었습니다】座っていました(ハムニダ体)
読み:アンジャ イッソッスmニダ

【앉아 있었어요】座っていました(ヘヨ体)
読み:アンジャ イッソッソヨ

【앉아 있었어】座っていたよ(パンマル)
読み:アンジャ イッソッソ

否定形

【앉지 않다】座らない
読み:アンチ アンタ

疑問形

【앉습니까?】座りますか?
読み:アンスmニッカ?

願望形

【앉고 싶다】座りたい
読み:アンコ シpッタ

依頼形

【앉아 주세요】座ってください
読み:アンジャ ジュセヨ

命令形

【앉으십시오】座ってください
読み:アンジュシpッシオ

【앉으세요】座ってください
読み:アンジュセヨ
※「座りなさい」でも可

【앉아라】座れ
読み:アンジャラ

勧誘形

【앉읍시다】座りましょう
読み:アンジュpッシダ

【앉자】座ろう
読み:アンチャ

仮定形

【앉으면】座れば
読み:アンジュミョン

例文

・여기에 앉읍시다!
訳:ここに座りましょう。

・이 의자에 앉아도 되요?
訳:この椅子に座っても良いですか?

あとがき

普段の生活で「座る」は、かなり活用する単語ですよね。いろんなパターンで例文を作ってみてください。

それでは、今日はこのへんで~。

スポンサーリンク
おすすめの記事