ハングルマスター

ゆきかわの韓国語の教科書

韓国語で「(こき)使う」とは?【부리다】意味を勉強しよう!

この記事をシェアする

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「こき使う」について勉強しましょう。

「象を使って荷物を運ぶ」というような文章で活用できます。
ぜひ、一読ください。

f:id:yukik8er:20200222180429j:plain

解説

【부리다】
読み:プリダ
発音:pu-ri-da

意味は、動詞で「こき使う」「働かせる」「操作する」となります。

他に下記の意味でもあります。

  • 働く・ふるう(暴力をふるう etc)
  • 振りまく(愛嬌を振りまく etc)
  • 荷物を下す

現在形

【부립니다】使います(ハムニダ体)
読み:プリムニダ

【부려요】使います(ヘヨ体)
読み:プリョヨ

【부려】使うよ(パンマル)
読み:プリョ

ハムニダ体:丁寧語(硬い)
ヘヨ体  :丁寧語(やわらかい)
パンマル :親しい間柄で使用するタメ口

過去形

【부렸다】使った
読み:プリョッタ

【부렸습니다】使いました(ハムニダ体)
読み:プリョッスムニダ

【부렸어요】使いました(ヘヨ体)
読み:プリョッソヨ

【부렸어】使ったよ(パンマル)
読み:プリョッソ

意志/推量形

【부리겠다】使う
読み:プリゲッタ

【부리겠습니다】使います(ハムニダ体)
読み:プリゲッスムニダ

【부리겠어요】使います(ヘヨ体)
読み:プリゲッソヨ

【부리겠어】使うよ(パンマル)
読み:プリゲッソ

未来形の意志・推量の接続語尾です。
主観的な「~つもり」客観的な「~だろう」というニュアンスです。

現在進行形

【부리고 있다】使っている
読み:プリゴ イッタ

【부리고 있습니다】使っています(ハムニダ体)
読み:プリゴ イッスムニダ

【부리고 있어요】使っています(ヘヨ体)
読み:プリゴ イッソヨ

【부리고 있어】使っているよ(パンマル)
読み:プリゴ イッソ

過去進行形

【부리고 있었다】使っていた
読み:プリゴ イッソッタ

【부리고 있었습니다】使っていました(ハムニダ体)
読み:プリゴ イッソッスムニダ

【부리고 있었어요】使っていました(ヘヨ体)
読み:プリゴ イッソッソヨ

【부리고 있었어】使っていたよ(パンマル)
読み:プリゴ イッソッソ

否定形

【부리지 않다】使わない
読み:プリジ アンタ

疑問形

【부립니까?】使いますか?
読み:プリムニッカ?

命令形

【부리십시오】使ってください
読み:プリシプシオ

【부리세요】使ってください
読み:プリセヨ
※「使いなさい」でも可

【부려라】使え
読み:プリョラ

勧誘形

【부립시다】使いましょう
読み:プリプシダ

【부리자】使おう
読み:プリジャ

仮定形

【부리면】使えば
読み:プリミョン

例文

・난동하게 부려서 사람들이 쓰러졌습니다.
読み:ナンドンハゲ プリョソ サラドゥリ スロジョッスムニダ
訳:乱暴に働かせて人々が倒れました。

・코끼리를 부려서 짐을 나른다.
読み:コッキリル プリョソ チム ナルンダ
訳:象を使って荷物を運ぶ。

あとがき

こき使うという意味なので「部下を使う」「後輩を使う」というときに用いることができます。
いろんなパターンで例文を作ってみてください。

では、アンニョンハセヨ!