ハングルマスター

ゆきかわの韓国語の教科書

韓国語で「気落ち」とは?【낙심】意味を勉強しよう!

この記事をシェアする

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「気落ち」について勉強しましょう。

「とても落ち込んでいます」というような文章で活用できます。
ぜひ、一読ください。

f:id:yukik8er:20191104210102j:plain

解説

【낙심】
読み:ナ
発音:nak-ssim

意味は、名詞で「気落ち」「落胆」となります。

下記の類義語との違いは、自分自身の気持ちで使います。
「上手にできなくて落ち込みました」「自分にがっかり」というようなときに用いられます。

類義語

【낙담】落胆
読み:ナ

【실망】失望
読み:シマン

2つの類義語は、自分のことでも使えますが第三者に使うことが多いです。
「試験の結果にがっかりしていた」のような文章で用います。

現在形

【낙심하다】気を落とすよ
読み:ナシマダ

【낙심합니다】気を落とします(ハムニダ体)
読み:ナシマムニダ

【낙심해요】気を落とします(ヘヨ体)
読み:ナシメヨ

【낙심해】気を落とす(パンマル)
読み:ナシメ

ハムニダ体:丁寧語(硬い)
ヘヨ体  :丁寧語(やわらかい)
パンマル :親しい間柄で使用するタメ口

過去形

【낙심했다】気を落とした
読み:ナシメッタ

【낙심했습니다】気を落としました(ハムニダ体)
読み:ナシメッスムニダ

【낙심했어요】気を落としました(ヘヨ体)
読み:ナシメッソヨ

【낙심했어】気を落としたよ(パンマル)
読み:ナシメッソ

推量形

【낙심하겠다】気を落とす
読み:ナシマゲッタ

【낙심하겠습니다】気を落とします(ハムニダ体)
読み:ナシマゲッスムニダ

【낙심하겠어요】気を落とします(ヘヨ体)
読み:ナシマゲッソヨ

【낙심하겠어】気を落とすよ(パンマル)
読み:ナシマゲッソ

未来形の意志・推量の接続語尾です。
客観的な「~だろう」というニュアンスです。

現在進行形

【낙심하고 있다】気を落としている
読み:ナシマゴ イッタ

【낙심하고 있습니다】気を落としています(ハムニダ体)
読み:ナシマゴ イッスムニダ

【낙심하고 있어요】気を落としています(ヘヨ体)
読み:ナシマゴ イッソヨ

【낙심하고 있어】気を落としているよ(パンマル)
読み:ナシマゴ イッソ

否定形

【낙심하지 않다】気を落とさない
読み:ナシマジ アンタ

【낙심하지 않습니다】気を落としません(ハムニダ体)
読み:ナシマジ アンスムニダ

【낙심하지 않아요】気を落としません(ヘヨ体)
読み:ナシマジ アナヨ

【낙심하지 않아】気を落とさないよ(パンマル)
読み:ナシマジ アナ

仮定形

【낙심하면】気を落とせば
読み:ナシマミョン

例文

・가슴이 답답한 일을 당해도 낙심하지 않아.
読み:カスミ タタパン イル タンヘド ナシマジ アナ
訳:しんどいことが起きてもがっかりしないよ。
※直訳は「胸が苦しい出来事に遇っても~」です。

・약속을 믿지 못해서 낙심하곤 했습니다.
読み:ヤクソグ ミッチ モッテソ ナシマゴン ヘッスムニダ
訳:約束を信じられなくて気を落としたりしました。

あとがき

ここ最近は気を落とすことが多かったです。
自分の周りで起こる出来事がしんどいことばかりで、考えるのに疲れて逃げることを優先して、また落胆...その繰り返しでしたが、最近は明るくしていようと思っています。

ではでは~。