★ハングルマスター★

YUKIKAWAハングル講座☆韓国語の勉強を一緒に始めよう!!

韓国語で「苦手」とは?【질색】意味を勉強しよう!

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「苦手」について勉強しましょう。

使い方は、嫌なことやうんざりしているときに使用する。
「あ~苦手」「もう、うんざり」など、そういうときに使用できそうですね。

f:id:yukik8er:20180126211232p:plain

原形

【질색입니다】苦手です(ハムニダ体)
読み:チルセギムニダ

【질색이에요】苦手です(ヘヨ体)
読み:チルセギェヨ

【질색이야】苦手だよ(パンマル)
読み:チルセギヤ

ハムニダ体:丁寧語
ヘヨ体  :丁寧だがハムニダよりは少しくだけた言い方
パンマル :親しい間柄で使用するタメ口

過去形

【질색이였다】苦手だった
読み:チルセギヨッタ

【질색이였습니다】苦手でした(ハムニダ体)
読み:チルセギヨッスムニダ

【질색이였어요】苦手でした(ヘヨ体)
読み:チルセギヨッソヨ

【질색이였어】苦手だったんだ(パンマル)
読み:チルセギヨッソ

活用例

・질색이라서(苦手なので)
読み:チルセギラソ

・질색으니까(苦手だから)
読み:チルセグニッカ

例文

・공부는 질색입니다.(勉強が苦手です)
読み:コンブヌン チルセギムニダ

・그가 질색이였어.(彼が苦手だった)
読み:クガ チルセギヨッソ

・요리는 질색이야~!(料理は、うんざりだ~)
読み:ヨリヌン チルセギヤ~!

ではでは、このへんで。
苦手なことや、うんざりなことは出来る限り減らしていきたいですね。