ハングルマスター

ゆきかわの韓国語の教科書

韓国語で「嫌気」とは?【싫증】意味を勉強しよう!

この記事をシェアする

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「嫌気」について勉強しましょう。

「もう飽き飽きしています」というような文章を作ることができます。
ぜひ、一読ください。

f:id:yukik8er:20190302184005j:plain

解説

【싫증】
読み:シチュン
発音:shil-tchŭng

意味は、名詞で「嫌気」となります。

類義語

【질리다】飽きる
読み:チリダ

活用例

【싫증나다】嫌気がさす
読み:シチュンナダ
※他に「飽き飽きする」「うんざりする」という訳でも活用できます。

【싫증을 내다】嫌気を起こす
読み:シチュングル ネダ

現在形

【싫증납니다】嫌気がさします(ハムニダ体)
読み:シチュンナニダ

【싫증나요】嫌気がさします(ヘヨ体)
読み:シチュンナヨ

【싫증나】嫌気がさすよ(パンマル)
読み:シチュンナ

ハムニダ体:丁寧語(硬い)
ヘヨ体  :丁寧語(やわらかい)
パンマル :親しい間柄で使用するタメ口

過去形

【싫증났다】飽きた
読み:シチュンナッタ

【싫증났습니다】飽きました(ハムニダ体)
読み:シチュンナッスニダ

【싫증났어요】飽きました(ヘヨ体)
読み:シチュンナッソヨ

【싫증났어】飽きたよ(パンマル)
読み:シチュンナッソ

疑問形

【싫증났습니까?】飽きましたか?
読み:シチュンナッスニッカ?

仮定形

【싫증나면】嫌気がさせば
読み:シチュンナミョン

例文

・이 영화는 이제 싫증났습니다.
読み:イ ヨンファヌン イジェ シチュンナッスニダ
訳:この映画は、もう飽きました。

・싫증을 잘 내는 성격입니다.
読み:シチュンル チャ ネヌン ソンキョギニダ
訳:飽きっぽい性格です。
※『잘』を外しても同じ意味となります。

あとがき

普通に「飽きる」と使いたいときは類義語の『질리다』を活用してください。

【싫증】は、もう飽き飽きだ!というニュアンスとなります。
いろんなパターンで例文を作ってみてください。

ではでは、このへんで~!アンニョンハセヨ~。

スポンサーリンク