ハングルマスター

韓国語独学者におくる単語集

慶煕大学校 オンライン韓国語特別課程 受講感想

この記事をシェアする

韓国語の語学留学にご興味ある方にお送りする受講感想です。

語学堂は数多くありますが、この度 "慶煕大学校" の特別課程を受講してみましたので、どのような流れで行うのか、また受講後の感想をぜひ一読くださいませ。

f:id:yukik8er:20211123131448j:plain

慶煕大学校

경희대학교 慶煕大学校 国際教育院
この大学は最高の講師陣と最新設備を整えた語学専門教育機関です。1993年に韓国語教育プログラムを開始し1996年には「大韓民国政府招請外国人獎学生プログラム」の韓国語研修機関として選定されました。

慶煕は「キョンヒ」と発音します。
ソウルの東北に位置し、안암동(安岩洞)・회기동(回基洞)エリアでソウルの下町です。周りに他の大学校もあることから、学生にやさしい安くて美味しい食堂がたくさんあります。

学期ごとに学生寮を使うことも可能。先着順となります。

特別課程

特別課程は4つのクラスがあります。

  • ハングルクラス(夜間)2週間
  • 文法クラス(夜間)10週間
  • 文法クラス(週末)10週間
  • スピーキングクラス(夜間)10週間
クラス 曜日 授業時間
ハングル(夜間) 月~木 19:00~20:50 16時間
文法(夜間) 月・水・木 19:00~20:50 60時間
文法(週末) 09:00~11:50 30時間
スピーキング(夜間) 火・金 19:00~20:50 40時間


ハングルクラスは、ハングルが読めない学習者です。文法クラスとスピーキングクラスは、レベルテストを受けた後 "初級1~高級2" にクラス分けされます。
レベルテストは、学校側からメールが送られてきて希望した日時にオンラインでレベルテストを受けます。10分~20分くらいかな?言葉に詰まったら日本語で質問してくれたりしたので、とても気持ち的には楽でした。
オンラインは、ZOOMを使用します。

詳しくは、경희대학교 국제교육원 HPより 교육과정>특별과정-OnLine を参照してください。

教材等は、レベルテスト後に案内メールが来ますので、指定された書店(ネット購入可)でご購入下さい。

私は、アラジンを利用しています。

登録金

クラス 受講料 支援料 合計
ハングル ₩ 140,000 ₩ 60,000 ₩ 200,000
文法(夜間) ₩ 630,000 ₩ 60,000 ₩ 690,000
文法(週末) ₩ 330,000 ₩ 60,000 ₩ 390,000
スピーキング ₩ 430,000 ₩ 60,000 ₩ 490,000
  • 文法クラス+スピーキング同時登録で10%割引
  • 連続登録で₩ 20,000割引

私は、夜間の文法クラスとスピーキングクラスを一緒に受けたので10%割引してもらえました。

授業日数が残り少なくなってくると…先生から次回の課程の案内&受講有無を聞かれます。
もし、受講しない場合「今後の勉強方法について考えます」や「勉強を休みます」と言って次回受講しないということを伝えてください。数名いたので気にせず「受講しない」と言って構いません。

申請方法

HPより 등록 をクリックし "온라인 한국어 특별과정" から申請できます。
申請後、学校側から案内メールが届きますので、登録金を送金します。

送金手数料がかかりますのでご注意ください。
ゆうちょや都市銀行、ネット銀行と送金方法・手数料を確認してみましょう。

国際送金サービス「Wise」がおすすめとのことです。

トウミ

도우미とは…。
慶煕大学校に通う韓国の学生とやりとりができるというトウミがあります。授業を開始して1週間くらい経った後だったかな?先生から、申請のリンクが送られてきてそこから名前、クラス、パスポートナンバーとか?…入力して申請します。

先着順というか、対応してくれる学生の人数にもよるのですべての方がトウミ制度を受けられるわけではありません。

先生も言ってたけど「みんな良い学生ではない」ということで、嫌な思いをしたという口コミを読んだことがあります。まぁ、相性はあるので仕方ないでしょう。

私は、女性の韓国の方とiメッセージを使って、たま~に会話する程度でした。良い方でしたが、電話やビデオ通話をするわけではなく文章のみなので特に韓国語力が上がったか?と聞かれたら「・・・」です。でも、韓国のおすすめスポットを教えて貰えたりして大変ありがたかったです。

オンラインを一緒に受けている人に「トウミしてると?」と聞いたら「忙しいからしていない」という人も多くいました。オンキャンパスならする価値あると思うけどオンラインでのトウミは、特にしてもしなくてもといったところです。

でも、やりとりの中で仲良くなって友達になることもきっとあると思うので、トウミ制度は時間がある方は利用するのもいいと思います。

受講感想

私は、夜間の文法クラスとスピーキングクラス受けたのですが特徴が異なるので分けて感想を書きたいと思います。

文法クラス

夜間の文法クラスは、2人の先生がいて曜日で分かれてました。教え方がちょっと違うので○○先生の教え方が好きだな~という好みが出る可能性があります。私がそうでしたので…。
耳の相性だと思うのですが、一人の先生の相槌がちょっと耳に障るというか、あまり好きじゃなかったので授業中疲れてあんまり聞いていなくて、いきなり質問されてオドオドもたもたすること多々あり(←集中しろ!)正直…あ~今日は〇曜日だから、あの先生か… と思うことがありました。まぁ、これも好みですからね。

文法クラスは宿題があるので、遅れずに提出しなければいけません。
宿題は、ノートに書いて画像を先生に送るというものです。特に難しくはありません。文章が少し変だったり、誤字脱字があれば直してくれるというものです。

毎回、文法のテーマに沿って解説があり、その後同じクラスの方と文章を作って会話の練習をするという流れです。

スピーキングクラス

スピーキングは、文法の説明はほぼなくあるシチュエーションをテーマにいろんな文章を作って会話するというものです。文法の授業の会話は20分もないのですが、スピーキングは40分くらいはあったかな~と。

あと、発音がおかしいと個別に直してくれたりと、喋るに特化したクラスです。
ただ、文法の説明はないので先生に「この文法(語尾)もあるよ」と教えてもらったら、自身でメモして後で調べるとかそういう勉強法になるかと思います。

宿題はありません。

あと、間違ってもいいから最後まで言い切るということが大事と教えてくれました。私は、文法の先生よりスピーキングの先生が好きでした。発音が聞き取りやすかったので、集中が途切れることなく楽しく授業を受けることができました。

文化講義

韓国文化の授業が特別にあります。文法・スピーキングどちらからでも申請できます。先生から申請リンクが送られてきて、第一希望、第二希望と受けたい授業を申請するのですが別に受けなくてもいいです。

私は、韓国ドラマの授業を受けましたが、こういうジャンルがあるよということとおすすめのドラマを教えてもらったり、セリフの紹介とか…。授業内容は、結構面白かったのですが、他のクラスの方と会話をしたりする時間があって…それがちょっと苦痛だったかなと。だって緊張するじゃん!私よりもスピーキングが上手な方だと…笑。

でも、楽しかったですけどね。
あと、K-POP・旅行・ハングルのカリグラフィーの講座がありました。

あとがき

受けてみた感想として、「面白かった」という感想が一番です。
クラスは日本の方ばかりでしたが、みんな同じ「韓国語を身につけたい」という思いは一緒なので和気藹々としていて良かったです。

しかし、痛感したのはこんなにも私って喋れないんだな~と。韓国語の本を読むことは出来ても…いざ自分の気持ちを伝えたいとき、文法や単語がとっさに出てこない。あとで「あ~言えばよかったのに…」と思うこともしばしば。

やはり、喋るということを意識して勉強しないとだめだな~と思いました。

あと、文法の先生もスピーキングの先生も優しくて良かったです。私は、授業開始までに教材が届きましたが、届いていない方は最初の方の授業のページをデータで送ってもらえてました。対応が素晴らしいと思いました。

また、今後他の大学の授業も受けてみたいな~と思っているのですが…どうしようかな。もし、他の学校の授業も受けたら記事にしますね。

それでは、皆様の語学向上に少しでもお役に立てれば幸いでございます。

スポンサーリンク