ハングルマスター

ゆきかわの韓国語の教科書

韓国語で「弾く(挽く)」とは?【켜다】意味を勉強しよう!

この記事をシェアする

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「弾く」「挽く」について勉強しましょう。

「弾く」という単語は、演奏する楽器で使う単語が異なります。
類義語をご確認ください。

また「挽く」という意味もありますが、活用例の意味は「弾く」でまとめます。

f:id:yukik8er:20190919105101j:plain

解説

【켜다】
読み:キョダ
発音:kyŏ-da

意味は、動詞で「弾く」です。
弦楽器を「弾く」ときに用います。
バイオリンやチェロ、コントラバスの演奏などです。

他に「挽く」という意味もあります。
木をのこぎりで「挽く」など。
いわゆる横にひく動作を表します。

また「点ける」「伸びをする」「飲み干す」という意味も持っています。

類義語

【치다】
読み:チダ
「ピアノ」「オルガン」「ギター関連」を弾くとき用います。

【타다】
読み:タダ
指先ではじく楽器を「弾く」ときに用います。
(ハープ・琴・カヤグム etc)

現在形

【켭니다】弾きます(ハムニダ体)
読み:キョムニダ

【켜요】弾きます(ヘヨ体)
読み:キョヨ

【켜】弾くよ(パンマル)
読み:キョ

ハムニダ体:丁寧語(硬い)
ヘヨ体  :丁寧語(やわらかい)
パンマル :親しい間柄で使用するタメ口

過去形

【켰다】弾いた
読み:キョッタ

【켰습니다】弾きました(ハムニダ体)
読み:キョッスムニダ

【켰어요】弾きました(ヘヨ体)
読み:キョッソヨ

【켰어】弾いたよ(パンマル)
読み:キョッソ

意志形

【켜겠다】弾く
読み:キョゲッタ

【켜겠습니다】弾きます(ハムニダ体)
読み:キョゲッスムニダ

【켜겠어요】弾きます(ヘヨ体)
読み:キョゲッソヨ

【켜겠어】弾くよ(パンマル)
読み:キョゲッソ

これから「~です・ます」と伝えるときに使用。
主観的意志「弾くつもり」というイメージ

現在進行形

【켜고 있다】弾いている
読み:キョゴ イッタ

【켜고 있습니다】弾いています(ハムニダ体)
読み:キョゴ イッスムニダ

【켜고 있어요】弾いています(ヘヨ体)
読み:キョゴ イッソヨ

【켜고 있어】弾いているよ(パンマル)
読み:キョゴ イッソ

過去進行形

【켜고 있었다】弾いていた
読み:キョゴ イッソッタ

【켜고 있었습니다】弾いていました(ハムニダ体)
読み:キョゴ イッソッスムニダ

【켜고 있었어요】弾いていました(ヘヨ体)
読み:キョゴ イッソッソヨ

【켜고 있었어】弾いていたよ(パンマル)
読み:キョゴ イッソッソ

否定形

【켜지 않다】弾かない
読み:キョジ アンタ

疑問形

【켭니까?】弾きますか?
読み:キョムニッカ?

願望形

【켜고 싶다】弾きたい
読み:キョゴ シプタ

依頼形

【켜주세요】弾いてください
読み:キョジュセヨ

命令形

【켜십시오】弾いてください
読み:キョシプシオ

【켜세요】弾いてください
読み:キョセヨ
※「弾きなさい」でも可

【켜라】弾け
読み:キョラ

勧誘形

【켭시다】弾きましょう
読み:キョプシダ

【켜자】弾こう
読み:キョラ

仮定形

【켜면】弾けば
読み:キョミョン

例文

・소녀가 바이올린을 켜고 있어요.
読み:ソニョガ バイオリヌル キョゴ イッソヨ
訳:少女がバイオリンを弾いています

・같이 켭시다!
読み:カチ キョプシダ
訳:一緒に弾きましょう

あとがき

「弾く(挽く)」以外にも、いろんな意味がある【켜다】は、前後の文章でどの訳になるか考えなければなりませんね。
1つずつ覚えていきましょう。

では、このへんで~。

スポンサーリンク