ハングルマスター

ゆきかわの韓国語の教科書

韓国語で「苦労」とは?【고생】意味を勉強しよう!

この記事をシェアする

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「苦労」について勉強しましょう。

「お疲れ様」とも使える単語ですが、解説をご確認ください。

f:id:yukik8er:20191009110948j:plain

解説

【고생】
読み:コセン
発音:ko-saeng


意味は、名詞で「苦労」となります。
하다動詞を付けると「苦労する」「苦しむ」という訳になります。

現在形

【고생하다】苦労する
読み:コセンハダ

【고생합니다】苦労します(ハムニダ体)
読み:コセンハムニダ

【고생해요】苦労します(ヘヨ体)
読み:コセンヘヨ

【고생해】苦労するよ(パンマル)
読み:コセンヘ

ハムニダ体:丁寧語(硬い)
ヘヨ体  :丁寧語(やわらかい)
パンマル :親しい間柄で使用するタメ口

過去形

【고생했다】苦労した
読み:コセンヘッタ

【고생했습니다】苦労しました(ハムニダ体)
読み:コセンヘッスムニダ

【고생했어요】苦労しました(ヘヨ体)
読み:コセンヘッソヨ

【고생했어】苦労したよ(パンマル)
読み:コセンヘッソ

推量形

【고생하겠다】苦労する
読み:コセンハゲッタ

【고생하겠습니다】苦労します(ハムニダ体)
読み:コセンハゲッスムニダ

【고생하겠어요】苦労します(ヘヨ体)
読み:コセンハゲッソヨ

【고생하겠어】苦労するよ(パンマル)
読み:コセンハゲッソ

未来形の意志・推量の接続語尾です。
客観的な「~だろう」というニュアンスです。

現在進行形

【고생하고 있다】苦労している
読み:コセンハゴ イッタ

【고생하고 있습니다】苦労しています(ハムニダ体)
読み:コセンハゴ イッスムニダ

【고생하고 있어요】苦労しています(ヘヨ体)
読み:コセンハゴ イッソヨ

【고생하고 있어】苦労しているよ(パンマル)
読み:コセンハゴ イッソ

否定形

【고생하지 않다】苦労しない
読み:コセンハジ アンタ

仮定形

【고생하면】苦労すれば
読み:コセンハミョン

他活用

【고생】を使って「お疲れ様でした」という訳にもなります。

イメージは「ご苦労でしたね」となるので、会社勤めの方の場合、目上の人が目下へかける言葉となります。
親しくない人や目上の人、同い年くらいの人には【수고】を活用してください。
※日本語と同じ使い方で構いません。「ご苦労様」は、目上に方には使いませんよね。

ただし、自分より年上の人に何かお願いをして手伝ってもらったときなどは、丁寧な言葉の【고생】を使って声をかけるとよいと思います。

  • 고생:人にかけられた手間(苦労)
  • 수고:自分の意志で行った手間

「お疲れ様です」例文

【고생하셨습니다】ご苦労様でした
読み:コセンハショッスムニダ

【고생했어요】ご苦労でしたね
読み:コセンへッソヨ

【고생했어】ご苦労だった
読み:コセンヘッソ

例文

・많이 고생했습니다.
読み:マニ コセンヘッスムニダ
訳:たくさん苦労しました。

・얼마나 고생했는지 당신은 모르죠.
読み:オマナ コセンヘンヌンジ タンシヌン モルジョ
訳:どれだけ苦労したのか、あなたは知らないでしょ。

・감기로 고생하고 있습니다.
読み:カムギロ コセンハゴ イッスムニダ
訳:風邪で苦しんでいます。
※人からうつされた風邪のときなど

あとがき

大変な仕事をやり終えた後など労を労うときに使えます。
基本、部下や後輩に何かしてもらったときに『고생했다』と声を掛けてあげるとよいですね。

では、皆様もご活用ください。とばよ~。

スポンサーリンク