ハングルマスター

韓国語独学者におくる単語集

韓国語で「悲鳴」とは?【비명】意味を勉強しよう!

この記事をシェアする

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「悲鳴」について勉強しましょう。

「外から悲鳴が聞こえました」というような文章で活用できます。
ぜひ、一読ください。

f:id:yukik8er:20201005162109j:plain

解説

【비명】
読み:ピミョン
発音:pi-myŏng

意味は、名詞で「悲鳴」となります。

『비명 소리』も同じ意味です。

活用例

【비명을 지르다】悲鳴を上げる
読み:ピミョンチルダ

【비명이 들리다】悲鳴が聞こえる
読み:ピミョンイ トゥリダ

【즐거운 비명】嬉しい悲鳴
読み:チュゴウン ピミョン

現在形

【비명이다】悲鳴だ
読み:ピミョンイダ

【비명입니다】悲鳴です(ハムニダ体)
読み:ピミョンイムニダ

【비명이에요】悲鳴です(ヘヨ体)
読み:ピミョンイエヨ

【비명이야】悲鳴だよ(パンマル)
読み:ピミョンイヤ

ハムニダ体:丁寧語(硬い)
ヘヨ体  :丁寧語(やわらかい)
パンマル :親しい間柄で使用するタメ口

過去形

【비명이었다】悲鳴だった
読み:ピミョンイオッタ

【비명이었습니다】悲鳴でした(ハムニダ体)
読み:ピミョンイオッスムニダ

【비명이었어요】悲鳴でした(ヘヨ体)
読み:ピミョンイオッソヨ

【비명이었어】悲鳴だったよ(パンマル)
読み:ピミョンイオッソ

否定形

【비명이 아니다】悲鳴ではない
読み:ピミョンイ アニダ

疑問形

【비명입니까?】悲鳴ですか?
読み:ピミョンイムニッカ?

【비명이었습니까?】悲鳴でしたか?
読み:ピミョンイオッスムニッカ?

悲鳴を上げる 過去形

【비명을 질렀다】悲鳴を上げた
読み:ピミョンル チロッタ

【비명을 질렀습니다】悲鳴を上げました(ハムニダ体)
読み:ピミョンル チロッスムニダ

【비명을 질렀어요】悲鳴を上げました(ヘヨ体)
読み:ピミョンル チロッソヨ

【비명을 질렀어】悲鳴を上げたよ(パンマル)
読み:ピミョンル チロッソ

悲鳴が聞こえる 過去形

【비명이 들렸다】悲鳴が聞こえた
読み:ピミョンイ トゥリョッタ

【비명이 들렸습니다】悲鳴が聞こえました(ハムニダ体)
読み:ピミョンイ トゥリョッスムニダ

【비명이 들렸어요】悲鳴が聞こえました(ヘヨ体)
読み:ピミョンイ トゥリョッソヨ

【비명이 들렸어】悲鳴が聞こえたよ(パンマル)
読み:ピミョンイ トゥリョッソ

例文

・밖에서 비명 소리가 들렸습니다.
読み:パッケソ ピミョンソリガ トゥリョッスムニダ
訳:外から悲鳴が聞こえました。

・아이가 비명을 지르며 달리고 있습니다.
読み:アイガ ピミョンル チルミョ タリゴ イッスムニダ
訳:子供が悲鳴を上げて走っています。

あとがき

「びっくりして悲鳴を上げた」とか「今のは悲鳴ですか?」など、例文を作ってみてくださいね!
大人になると、悲鳴ってなかなか上げないですよね~。

では、また!

スポンサーリンク