ハングルマスター

ゆきかわの韓国語の教科書

韓国語で「香り」とは?【향기】意味を勉強しよう!

この記事をシェアする

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「香り」について勉強しましょう。

「甘い香りがしませんか?」というような文章で活用できます。
ぜひ、一読ください。

f:id:yukik8er:20201003164029j:plain

解説

【향기】
読み:ヒャンギ
発音:hyang-gi

意味は、名詞で「香り」となります。

類義語

【향】香り・香
読み:ヒャン

【향내】香り
読み:ヒャンネ

【냄새】匂い
読み:ネ

活用例

【향기가 나다】香りがする
読み:ヒャンギガ ナダ

【향기가 풍기다】香りが漂う
読み:ヒャンギガ プンギダ

【향기를 피우다】香りを咲かせる
読み:ヒャンギル ピウダ

  ハングル 読み
花の香り 꽃향기 ッコタャンギ
海の香り 바다향기 パダヒャンギ
甘い香り 달콤한 향기 タルコマンヒャンギ
ほのかな香り 은은한 향기 ウンウナンヒャンギ
良い香り 좋은 향기 チョウンヒャンギ

現在形

【향기다】香りだ
読み:ヒャンギダ

【향기입니다】香りです(ハムニダ体)
読み:ヒャンギイムニダ

【향기예요】香りです(ヘヨ体)
読み:ヒャンギエヨ

【향기야】香りだよ(パンマル)
読み:ヒャンギヤ

ハムニダ体:丁寧語(硬い)
ヘヨ体  :丁寧語(やわらかい)
パンマル :親しい間柄で使用するタメ口

過去形

【향기였다】香りだった
読み:ヒャンギヨッタ

【향기였습니다】香りでした(ハムニダ体)
読み:ヒャンギヨッスムニダ

【향기였어요】香りでした(ヘヨ体)
読み:ヒャンギヨッソヨ

【향기였어】香りだったよ(パンマル)
読み:ヒャンギヨッソ

否定形

【향기가 아니다】香りではない
読み:ヒャンギガ アニダ

疑問形

【향기입니까?】香りですか?
読み:ヒャンギイムニッカ?

【향기였습니까?】香りでしたか?
読み:ヒャンギヨッスムニッカ?

仮定形

【향기라면】香りなら
読み:ヒャンギラミョン

例文

・어디서 달콤한 향기 나지 않나요?
読み:オディソ タコマン ヒャンギ ナジ アナヨ?
訳:なんか甘い香りがしませんか?
※直訳は「どこからか~」です

・포근한 꽃향기가 나요.
読み:ポグナン ッコタャンギガ ナヨ
訳:ふんわりした花の香りがします。

あとがき

香水の香りが苦手です。
シャンプーも香りがキツイと嫌です。

でも、石鹸の香りは好きです。
あっ!海の香りも好きです。

いろんな香りから例文を作ってみましょう。
ではでは~!

スポンサーリンク