スポンサーリンク

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「嫌い」を学びましょう。

「嫌いな食べ物だ!」と主張したいときに活用できるようにしたいですね。
ぜひ、一読ください。


スポンサーリンク

解説

【싫다】
読み:シL
発音:sil-ta

意味は、形容詞で「嫌い」「嫌だ」となります。

現在形

【싫습니다】嫌いです(ハムニダ体)
読み:シLmニダ

【싫어요】嫌いです(ヘヨ体)
読み:シロヨ

【싫어】嫌い(パンマル)
読み:シロ

ハムニダ体:丁寧語(硬い)
ヘヨ体  :丁寧語(やわらかい)
パンマル :親しい間柄で使用するタメ口

過去形

【싫었다】嫌いだった
読み:シロッタ

【싫었습니다】嫌いでした(ハムニダ体)
読み:シロッスmニダ

【싫었어요】嫌いでした(ヘヨ体)
読み:シロッソヨ

【싫었어】嫌いだったよ(パンマル)
読み:シロッソ

推量形

【싫겠다】嫌い
読み:シLケッタ

【싫겠습니다】嫌いです(ハムニダ体)
読み:シLケッスmニダ

【싫겠어요】嫌いです(ヘヨ体)
読み:シLケッソヨ

【싫겠어】嫌い(パンマル)
読み:シLケッソ

用言・時制の語幹:推量・推測を表す

否定形

【싫지 않다】嫌いではない
読み:シLチ アンタ

疑問形

【싫습니까?】嫌いですか?
読み:シLmニッカ?

例文

・우유가 싫어요.
訳:牛乳が嫌いです。

・싫다고 말하지 마!
訳:嫌いだと言わないで!

・결혼은 싫지만 아이는 갖고 싶어.
訳:結婚は嫌だけど子供は欲しい。

あとがき

「嫌いな食べ物は~」とか「~が嫌いです」というような文章を沢山作ってみましょう。
普段の生活に取り入れてください。

では、また~。とぼじゃ~。

スポンサーリンク
おすすめの記事