ハングルマスター

ゆきかわの韓国語の教科書

韓国語の「語幹」とは?どの部分?【어간】解説します!

この記事をシェアする

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「語幹」について勉強しましょう。

以前、簡単にまとめたのですが...今回きちんと解説いたします。
ぜひ、一読ください。

f:id:yukik8er:20191111162346j:plain

解説

【어간】
読み:オガン
発音:ŏ-gan

意味は、名詞で「語幹」となります。

語幹とは?

語幹は用言に存在します。
 ・用言とは「動詞」「形容詞」「存在詞」「指定詞」のこと。

全ての用言には、語幹にプラスで『다』が付いています。

例えば「行く」という単語の原形は【가다】ですよね。
ということは、語幹は【가】を指します。

活用語尾の勉強をする際に「語幹に付けるだけ」という文章が書かれていたら【가다】の場合『다』を取って【가】の後に付けるだけということです。

活用例

  • 動詞 :보다(見る)→語幹『보』
  • 形容詞:배고프다(空腹)→語幹『배고프』
  • 存在詞:있다(ある・いる)→語幹『있』
  • 指定詞:이다(~だ)→語幹『이』

語幹3種類

語幹は『母音語幹』『子音語幹』『ㄹ語幹』の3種類に分けられます。

  • 『母音語幹』は「ㅏ」「ㅗ」などで終わる語幹。
  • 『子音語幹』は、パッチムで終わる語幹。
  • 『ㄹ語幹』は、パッチムがㄹで終わる語幹。


陽母音と陰母音を確認して、あとに付く語尾が変わるときがあります。

  • 『母音語幹』は、そのまま陽母音と陰母音を分ければいいです。
  • 『子音語幹』は、子音を無視します。【있】なら「ㅆ」ではなく『ㅣ』で判断。
  • 『ㄹ語幹』は、ㄹを脱落させます。【달다】なら「ㄹ」を脱落させ『ㅏ』で判断。

陽語幹と陰語幹

陽語幹と陰語幹とは、母音が「陽母音」なのか「陰母音」なのかということです。
母音の分け方は、下記の記事よりご確認ください。

www.yuki0918kw.com

現在形

【어간이다】語幹である
読み:オガニダ

【어간입니다】語幹です(ハムニダ体)
読み:オガニムニダ

【어간이에요】語幹です(ヘヨ体)
読み:オガニエヨ

【어간이야】語幹だよ(パンマル)
読み:オガニヤ

ハムニダ体:丁寧語(硬い)
ヘヨ体  :丁寧語(やわらかい)
パンマル :親しい間柄で使用するタメ口

否定形

【어간이 아니다】語幹ではない
読み:オガニ アニダ

疑問形

【어간입니까?】語幹ですか?
読み:オガニムニッカ?

例文

・어간은, 어느 것입니까?
読み:オガヌン オヌ ゴシムニッカ?
訳:語幹は、どれですか?

・이것이 어간이에요.
読み:イゴシ オガニエヨ
訳:これが、語幹です。

あとがき

日本語の語幹を説明するときは『食べる』だと「食べ」が語幹です。
つ:기다리다』『く:다』『い:다』ということですね!

ぜひ、韓国語・日本語の文章を説明するときなどにご活用ください。

ではでは~。

スポンサーリンク