★ハングルマスター★

YUKIKAWAハングル講座☆韓国語の勉強を一緒に始めよう!!

韓国語の副詞「もっと」「より」とは?【더】意味を勉強しよう!

スポンサーリンク

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「もっと」「より」について勉強しましょう。

副詞ですので、用言をより強調するときに使用します。
活用例をご確認ください。

f:id:yukik8er:20180630080649p:plain

解説

【더】もっと・より・さらに・もう
読み:ト

今の状態よりも「もっと」や「さらに」として使用します。
また、『もう一度』や『もう一回』というときにも使用できますが、このとき【더】の置き位置に注意が必要です。

■한번 더(もう一度・もう一回)
読み:ハンボン ド

■하나 더(もう一つ)
読み:ハナ ド

上記のように日本語とは反対です。
直訳すると「一度もう」や「一つもう」となります。

以前、もう少し【좀 더】という単語の記事を書きましたが、【더】が後ろにくるので注意をしてください。

www.yuki0918kw.com

活用例

・한번 더 부탁합니다!(もう一度お願いします)
読み:ハンボン ド プタカムニダ

・더 만나지 않아요.(もう会いません)
読み:ト マンナジ アナヨ

・더 노력하겠습니다!(もっと努力します)
読み:ト ノリョカゲッスムニダ

では、このへんで。
皆様も、ご活用くださいませ(ㅎㅅㅎ)

スポンサーリンク