スポンサーリンク

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「言い訳」について勉強しましょう。

「言い訳をした」「言い訳を聞いた」という文章で用いることができます。
ぜひ、例文まで一読くださいませ。


スポンサーリンク

解説

【핑계】
読み:ピンg
発音:ping-gye

意味は、名詞で「言い訳」「口実」「弁解」です。

類義語

【변명】弁明
読み:ビョンミョンg

【구실】口実
読み:クシL

※どちらも「言い訳」と訳すことができます。

活用例

【핑계를 대다】言い訳をする
読み:ピンgゲルL テダ

【핑계로 삼다】言い訳にする
読み:ピンgゲロ サmッタ

現在形

【핑계를 댑니다】言い訳をします(ハムニダ体)
読み:ピンgゲルLmニダ

【핑계를 대요】言い訳をします(ヘヨ体)
読み:ピンgゲルL テヨ

【핑계를 대】言い訳をするよ(パンマル)
読み:ピンgゲルL

ハムニダ体:丁寧語(硬い)
ヘヨ体  :丁寧語(やわらかい)
パンマル :親しい間柄で使用するタメ口

過去形

【핑계를 댔다】言い訳をした
読み:ピンgゲルL テッタ

【핑계를 댔습니다】言い訳をしました(ハムニダ体)
読み:ピンgゲルL テッスmニダ

【핑계를 댔어요】言い訳をしました(ヘヨ体)
読み:ピンgゲルL テッソヨ

【핑계를 댔어】言い訳をしたよ(パンマル)
読み:ピンgゲルL テッソ

例文

・학교에 가기 싫어서 배가 아프다고 핑계를 댔어요.
訳:学校に行きたくなくてお腹が痛いと言い訳をしました。

・나한테 그런 핑계를 대지 마.
訳:私にそんな言い訳をするな。

・핑계는 더 이상 듣고 싶지 않아.
訳:言い訳は、もう聞きたくないわ。

あとがき

ここで使う「~をする」は '-를 대다' は、~しやがる・し続けるという意味を持ちます。また、「~にする」の'-로 삼다' は、~と見なすという意味です。

使い方に注意が必要ですので「言い訳」はしないようにしましょう!!笑

では、このへんで~。

おすすめの記事