ハングルマスター

ゆきかわの韓国語の教科書

韓国語で「講義」とは?【강의】意味を勉強しよう!

この記事をシェアする

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「講義」について勉強しましょう。

私は、学生ではないのでなかなかこの単語を活用することはないですが、韓国に留学に行く予定の方とかは、今後使う可能性もありますので、単語を覚えておきたいところですね!!

ぜひ、例文まで一読ください。

f:id:yukik8er:20181201123228j:plain

解説

【강의】
読み:カンウィ
発音:kang-ŭi

意味は、名詞で「講義」です。
発音は「カンイ」として聞こえます。

活用単語

【강의실】講義室(教室)
読み:カンウィシル

【강의 시간】講義時間
読み:カンウィ シガン

【공강 시간】講義と講義の間の時間
読み:コンガン シガン
※次の講義までの空いた時間を指します

活用例

【강의다】講義である
読み:カンウィダ

【강의를 하다】講義をする
読み:カンウィル ハダ

【강의를 듣다】講義を聞く
読み:カンウィル トゥッタ

【강의에 참석하다】講義に出席する
読み:カンウィエ チャムソカダ

現在形

【강의입니다】講義です(ハムニダ体)
読み:カンウィハムニダ

【강의예요】講義です(ヘヨ体)
読み:カンウィエヨ

【강의야】講義だよ(パンマル)
読み:カンウィヤ

ハムニダ体:丁寧語(硬い)
ヘヨ体  :丁寧語(やわらかい)
パンマル :親しい間柄で使用するタメ口

過去形

【강의였다】講義だった
読み:カンウィヨッタ

【강의였습니다】講義でした(ハムニダ体)
読み:カンウィヨッスムニダ

【강의였어요】講義でした(ヘヨ体)
読み:カンウィヨッソヨ

【강의였어】講義だったよ(パンマル)
読み:カンウィヨッソ

~を聞く 現在形

【강의를 듣습니다】講義を聞きます(ハムニダ体)
読み:カンウィル トゥッスムニダ

【강의를 들어요】講義を聞きます(ヘヨ体)
読み:カンウィル トゥロヨ

【강의를 들어】講義を聞くよ(パンマル)
読み:カンウィル トゥロ

~を聞く 過去形

【강의를 들었다】講義を聞いた
読み:カンウィル トゥロッタ

【강의를 들었습니다】講義を聞きました(ハムニダ体)
読み:カンウィル トゥロッスムニダ

【강의를 들었어요】講義を聞きました(ヘヨ体)
読み:カンウィル トゥロッソヨ

【강의를 들었어】講義を聞いたよ(パンマル)
読み:カンウィル トゥロッソ

例文

・동일한 강의를 수강합시다!
読み:トンイラン カンウィル スガンハプシダ
訳:同じ講義を受講しましょう!

・이 강의는 제목이 없어!
読み:イ カンウィヌン チェモギ オプソ
訳:この講義は、タイトルがない!

あとがき

講義って面白いものはとことん面白いですが、つまんないものはびっくりするほどつまらないですよね?
あれは、絶対講師の質だな!うん!!

講義ではないけど、面白いブログになるよう頑張ります。

ではでは☆彡

スポンサーリンク