ハングルマスター

ゆきかわの韓国語の教科書

韓国語の副詞「そういえば」とは?【하긴】意味を勉強しよう!

この記事をシェアする

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「そういえば...」について勉強しましょう。

よく韓国ドラマで「ハギン」って聞きませんか?
私は、よく耳にするんですよね。いつか記事にしなきゃと思っていた単語です。
解説とともにご確認ください。

f:id:yukik8er:20190922142503j:plain

解説

【하긴】
読み:ハギン
発音:ha-gin

意味は、副詞で「そういえば」「言われてみれば」となります。
【하긴】
は『하기는』の縮約形です。

ニュアンスは、納得した!というときの「確かに」「そういえば」もしくは「なるほど」という訳となります。
相手に同意したときに使用する副詞です。

類義語

【확실히】確かに
読み:ファクシリ

【하긴】同様、『確かに』という訳にはなるが、ニュアンスは少し異なります。

【하긴】は、相手に同調するときや納得したときに使用するが『확실히』は、確実にという意味を持っていますので「確実にそうですか?」や「確かに、そう言いました」などという文章で使用します。

活用例

【하긴 그렇네】そういえば、そうですね
読み:ハギン コロ

K-POPから学ぼう:IU「Palette」

IU(아이유) _ Palette(팔레트) (Feat. G-DRAGON)

www.youtube.com

歌詞に「하긴 그래도 좋은 날 부를 땐 참 예뻤더라」とありますが
『そういえば、それでも「いい日」を歌う時は、とても可愛いかったな』となります。

하긴 그래도 좋은 날 부를 땐 참 예뻤더라
読み:ハギン クレド チョウン ナ プル ッテン チャ イェッポットラ

그래도=それでも
上記の単語の訳は別にいれなくても大丈夫です。
(雰囲気が変わっても歌うときは可愛かった)と思い出した内容の歌詞となります。

あとがき

「ハギン」は、会話中にたびたび出てくる単語です。
覚えて、ぜひご活用くださいませ!

では、このへんで~。

スポンサーリンク