スポンサーリンク

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「国」について勉強しましょう。

「隣の国」や「~が有名な国」などという文章を作るときに用いられます。
ぜひ、一読くださいませ。


スポンサーリンク

解説

【나라】
読み:ナラ
発音:na-ra

意味は、名詞で「国」です。

発音は、日本の「奈良県」の『ナラ』と一緒です。

活用例

 ハングル
我が国우리나라
島国섬나라
各国각나라
天国하늘나라
隣の国이웃 나라
いろんな国여러 나라

※天国は、'천국/천당' とも言います。

現在形

【나라다】国である
読み:ナラダ

【나라입니다】国です(ハムニダ体)
読み:ナライmニダ

【나라예요】国です(ヘヨ体)
読み:ナラエヨ

【나라야】国だよ(パンマル)
読み:ナラヤ

ハムニダ体:丁寧語(硬い)
ヘヨ体  :丁寧語(やわらかい)
パンマル :親しい間柄で使用するタメ口

過去形

【나라였다】国だった
読み:ナラヨッタ

【나라였습니다】国でした(ハムニダ体)
読み:ナラヨッスmニダ

【나라였어요】国でした(ヘヨ体)
読み:ナラヨッソヨ

【나라였어】国だったよ(パンマル)
読み:ナラヨッソ

例文

・저 사람은 어느 나라 사람입니까?
訳:あの人は、どこの国の人ですか?

・가고 싶은 나라들이 많이 있어요.
訳:行きたい国がたくさんあります。

・이웃 나라는 일본이다.
訳:隣の国は、日本です。

・또 가고 싶은 나라는 물론 한국이다.
訳:また行きたい国は、もちろん韓国である。

・일본은 작은 섬나라입니다.
訳:日本は、小さい島国です。

あとがき

発音も難しくないですし、韓国語の「国」は「奈良」と覚えちゃえば良いかと思います。

皆さんもたくさん例文を作ってみてください。

ではでは、また。감사합니다.

おすすめの記事