★ハングルマスター★

韓国語・ハングルを勉強したい!YUKIKAWA独学ブログ

韓国語の副詞「少々・ちょっと」とは?【잠깐】活用する!

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「少々」「ちょっと」について勉強しましょう。

「ちょっと失礼します」「少々お待ちください」というような文章を作ることができます。
ぜひ、一読ください。

f:id:yukik8er:20190211180020j:plain

解説

【잠깐】
読み:チャッカン
発音:cham-kkan

意味は、副詞で「少々」「ちょっと」という意味です。
短い時間の間を指します。

文章によっては「少しの間」と訳しても構いません。

類義語

【잠시】しばらく
読み:チャ

+만 活用

【잠깐만】ちょっと待って
読み:チャッカマン

【잠깐만요】ちょっと待ってください
読み:チャッカニョ

『만』~だけという助詞を持って来て「ちょっとだけ」というフレーズにします。
また、「ちょっと待って」という訳にしてもOKです。

+ 失礼 活用

【잠깐 실례하다】
読み:チャッカン レハダ

【잠깐 실례합니다】少々失礼いたします
読み:チャッカレハムニダ

【잠깐 실례해요】ちょっと失礼します
読み:チャッカレヨ

+ 待つ 活用

【잠깐 기다리다】
読み:チャッカキダリダ

【잠깐 기다려주세요】ちょっと待ってください
読み:チャッカキダリョジュセヨ

【잠깐 기다려요】ちょっと待ってね
読み:チャッカキダリョヨ

【잠깐 기다려】ちょっと待って
読み:チャッカキダリョ

+ 大丈夫 活用

【잠깐 괜찮으세요?】少々よろしいですか?
読み:チャッカクェゥンチャヌセヨ?

【잠깐 괜찮겠습니까?】ちょっといいですか?
読み:チャッカクェゥンチャンケッスムニッカ?

【잠깐 괜찮습니까?】ちょっといいですか?
読み:チャッカクェゥチャンスムニッカ?

【잠깐 괜찮아요?】ちょっといいですか?
読み:チャッカクェゥチャナヨ?

あとがき

『잠깐만요』は、声を掛けるときに「ちょっとすいません」で活用することもでき、また「待つ」だけでなく、少しの時間いいですか?というニュアンスでも使えます。

いわゆる、声を掛けて「少しいい?」といい、外に呼んだり、部屋に呼んだりしてお話をするときにも活用できるということです。

ではでは、活用してみてください。