ハングルマスター

韓国語独学者におくる単語集

韓国語で「触覚」とは?【촉각】意味を勉強しよう!

この記事をシェアする

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「触覚」について勉強しましょう。

「触覚は五感の一つです」というような文章で活用できます。
ぜひ、一読ください。

f:id:yukik8er:20210526103259j:plain

解説

【촉각】
読み:チョkッカk
発音:chok-kkak

意味は、名詞で「触覚」となります。

他に「触角」という意味でもあります。

活用例

【촉각이 예민하다】触覚が鋭敏だ
読み:チョkッカギ イェミナダ
※「敏感だ」と訳してもいいと思います

現在形

【촉각이다】触覚だ
読み:チョkッカギダ

【촉각입니다】触覚です(ハムニダ体)
読み:チョkッカギmニダ

【촉각이에요】触覚です(ヘヨ体)
読み:チョkッカギエヨ

【촉각이야】触覚だよ(パンマル)
読み:チョkッカギヤ

ハムニダ体:丁寧語(硬い)
ヘヨ体  :丁寧語(やわらかい)
パンマル :親しい間柄で使用するタメ口

触覚が鋭敏だ 活用

【촉각이 예민합니다】触覚が鋭敏です(ハムニダ体)
読み:チョkッカギ イェミナmニダ

【촉각이 예민해요】触覚が鋭敏です(ヘヨ体)
読み:チョkッカギ イェミネヨ

【촉각이 예민해】触覚が鋭敏だよ(パンマル)
読み:チョkッカギ イェミネ

例文

・촉각이 예민한 아이였었어요.
読み:チョkッカギ イェミナン アイヨッソッソヨ
訳:触覚が鋭敏な子供でした。

・촉각은 감각의 하나입니다.
読み:チョkッカグン カm
ガゲ ハナイmニダ
訳:触覚は感覚の一つです

あとがき

普段の会話で出て来ることは、ほぼないと思いますが…一応紹介させていただきました。
では、このへんで!

スポンサーリンク