ハングルマスター

ゆきかわの韓国語の教科書

韓国語の副詞「どうせ」とは?【이왕에】意味を勉強しよう!

この記事をシェアする

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「どうせ」について勉強しましょう。

「どうせ、うまくいかないわよ!」というような文章を作れます。
ぜひ、一読ください。

f:id:yukik8er:20191010093951j:plain

解説

【이왕에】
読み:イワンエ
発音:i-wang-e


韓国語の副詞で「どうせ」「せっかく」「同じ事なら」となります。
縮約で「이왕」でも同じ『どうせ』と訳せます。

過去に起きたことを開き直ったり、納得しているときの表現。
【이왕이면】で、「どうせなら」と訳します。

類義語

【기왕에】どうせ・いずれにしても
読み:キワンエ
※『이왕에』との違いは、ほぼありません。
どっちを使用しても問題ありません。

【어차피】どうせ・どのみち
読み:オチャピ
※これから起こる出来事を諦めているときに用いる。
『이왕에・기왕에』と置き換えはできない。

例文

・이왕에 한다면 제대로 합시다.
読み:イワンエ ハンダミョン チェデロ ハプシダ
訳:どうせやるなら、きちんとやりましょう。

・이왕에 무직이고 상관하지 마!
読み:イワンエ ムジギゴ サングァナジマ
訳:どうせ無職だし、構わないでよ!

・이왕에 나 따위.
読み:イワンエ ナ ッタウィ
訳:どうせ私なんて。

・이왕이면 좀 쉬어 가자.
読み:イワンイミョン チョム シュィオ カジャ
訳:どうせなら少し休んでいこう。

あとがき

【이왕에】【기왕에】という単語は、あまり使われないそうなので、こういう単語もあるよ!ということだけ覚えておいてください。

ではでは、このへんで~。あんにょん。

スポンサーリンク