ハングルマスター

ゆきかわの韓国語の教科書

韓国語の副詞「あらかじめ」とは?【미리】意味を勉強しよう!

この記事をシェアする

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「あらかじめ」について勉強しましょう。

「あらかじめ、準備してました」というような文章で活用できます。
ぜひ、一読ください。

f:id:yukik8er:20190920105816j:plain

解説

【미리】
読み:ミリ
発音:mi-ri


意味は、副詞で「あらかじめ」「前もって」「前々から」「事前に」となります。

未来の事や過去の事を説明するときに用いる副詞です。
「前もって伝えます」や「あらかじめ言っておいてよ」など。

類義語

【진작】前もって・あらかじめ
読み:チンジャ

【미리】との大きな違いは、過去の出来事の時のみ使用します。
「前もってやっておけばよかった」など、ネガティブな文章のときに用いるイメージです。
「もっと早く(言ってよ)」などと使います。

活用例文

・미리 전하고 있습니다.
読み:ミリ チョナゴ イッスムニダ
訳:あらかじめ伝えています。

・미리 말해주지 않는다고!
読み:ミリ マレジュジ アンヌンダゴ
訳:前もって言ってくれないと!

・미리 예약하고 가야할까요?
読み:ミリ イェヤカゴ カヤハッカヨ?
訳:事前に予約して行かなければならないでしょうか?

・미리 예약해 주세요.
読み:ミリ イェヤケ ジュセヨ
訳:あらかじめ予約してください。

・미리미리 준비 해!
読み:ミリミリ チュンビ ヘ
訳:前もって準備して!
※2つ重ねることで、念押ししてしています。

あとがき

「事前に~が必要ですか?」とか「あらかじめ教えといてください」というような文章が作れますね!
いろんなパターンで例文を作ってみてください。

ではでは、このへんで。
トボジャ!!

スポンサーリンク