★ハングルマスター★

韓国語の勉強を1からスタートできるハングルブログ

ハングルの「平音」「激音」「濃音」についてまとめたよ!

こんにちは~。
今回は、ハングル復習の回でございます。
最初に「ハングル文字:基本」を書いたときに
まぁ、なんとも・・・今読み返したら恥ずかしいです。
テキトーか、まじか?レベルなのですが
素人が書いた記事だからこそ、ある意味読みやすさもあるなと・・・笑
直すことなく・・・今回は復習という形で改めてまとめます。

 【韓国語の基本:発音3種類】

 

【平音】とは?

子音、母音を組み合わせたハングル文字の一番シンプルなもの
例「가・자・다・・・」などの
やさしく普通に発音する

イメージ「가」→「カ」

【激音】とは?

母音に線や点が加わったハングル文字のこと
「카・차・타・파・하」などで
平音に比べ、息を激しく出し発音する

イメージ「카」→「カッ」

【濃音】とは?

子音が二つくっつくハングル文字のこと
「까・싸・짜・따・빠」などで
平音や激音に比べ、息を吐かずに発音

イメージ「까」→「ッカ」

ここで注目!!激音と濃音は濁らない?

濁らないとはどういう意味なのか?
いわゆる濁点がつかないということです!
では、平音に濁点がつく発音のときはどういうときか?

語頭、語中、語末でハングル文字が変わる!?

以前、軽く説明しましたがどういう意味かというと・・・

「習う」というハングル動詞の勉強ででてきた
【배우겠어】で見ていきましょう!


【배우겠어】
習うよという意味の単語となりますが
読みは「ペウゲッソ」なぜ「ゲ」と濁るのだろうか?
普通に読めば「ペウケッソ」である。

その理由は・・・前後を母音字に挟まれているから!
母音に挟まれると濁っちゃうのです!

f:id:yukik8er:20170615212044j:plain

図にすると分かるかな?
なのでもしも「ケ」の発音にしたければ
激音の【켔】にしなければなりません。
あんまり、この字みたことないけど・・・

なので、濁る・・・濁点になるのは平音のときのみです!

母音に挟まれる・・・お母ちゃんに挟まれて「げ!」みたいな風に
覚えてみるのはいかがでしょうか?
お母さん好きな人には覚えづらいですか?笑

ココ注目!

また、母音だけではなく
ある子音が前にあると濁点になるときがあります。
いわゆるパッチムですね!
【ㅇ・ㄴ・ㄹ・ㅁ】
この4つの子音がパッチムの後ろにきた平音ハングルは濁点!
私の覚え方「おなら!むむむ」笑
「お ㅇ」「な ㄴ」「ら ㄹ」「む ㅁ」

「おなら!む」のうしろの平音は濁点ね!笑

濁音になる子音は、この4つだけ!!

平音で濁る発音をするのは、実は4種類のみ!
【ㄱ・ㄷ・ㅈ・ㅂ】←この4つ
「K・T・C・P」の発音の子音のみです。

あれ?「ジュ」って言葉ない?と思ったそこのあなた!!
「ジ」でも大丈夫ですが、イメージは「ヂ」なのです!
さ行の濁点は存在しません!「ゾ」とかないですよね。
覚える量が減ってよかった~笑

 

ではでは、今日はこのへんで~。
韓国語って面白いね~❤