ハングルマスター

韓国語・ハングルを勉強したい!YUKIKAWA独学ブログ

韓国語の副詞「とにかく」とは?【아무튼】意味を勉強しよう!

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「とにかく」について勉強しましょう。

「とにかく、分かったから!」というような文章で活用できます。
ぜひ、一読ください。

f:id:yukik8er:20190920224558j:plain

解説

【아무튼】
読み:アトゥン
発音:a-mu-tŭn

意味は、副詞で「とにかく」「いずれにせよ」となります。
『어떻게 되어있든』の縮約形です。

文章の頭につける単語ですが、相手の話を遮ったり、話をまとめたりするときに使用します。
例として「とにかく、頑張ろう」「とにかく、早く食べて!行くよ」「とにかく、君の言ってることは分かった」など。

類義語

【어쨌든】とにかく・いずれにせよ
読み:オッチェットゥン

※ニュアンス的に『その話(問題)は置いといて...」という文章のときに使用する。

どちらも使える文章

・어쨌든 그 이야기 하지 마!
読み:オッチェットゥン ク イヤギ ハジマ

・아무튼 그 이야기 하지 마!
読み:アトゥン ク イヤギ ハジマ

※直訳は、どちらも「とにかく、その話しないで」となります。
その問題は置いといてパターンと話を終わらせるパターンです。

その他の「とにかく」を掲載している記事はコチラ

例文

・아무튼 서두르 자!
読み:アトゥン ソドゥルジャ!
訳:とにかく急ごう!

・아무튼 맛있었어요.
読み:アトゥン マシッソッソヨ
訳:とにかく美味しかったです。

・아무튼 안 돼요!
読み:アトゥン アンドェヨ
訳:とにかく、ダメですよ!

・아무튼 내일 만나서 다시 얘기합시다.
読み:アトゥン ネイ マンナソ タシ エギハプシダ
訳:とにかく、明日会ってまた話しましょう。

・아무튼 시리즈 마지막 책이에요.
読み:アトゥン シリージュ マジマ チェギエヨ
訳:とにかくシリーズ最後の本です。

・아무튼 , 빨리 먹어!
読み:アトゥン ッパリ モゴ
訳:とにかく、早く食べて!

あとがき

類義語の使い分けを覚えておきましょう。
話をまとめるときに、文章の頭に【아무튼】をつけるだけです。
いろんなパターンの例文を作成してみましょう。

ではでは、このへんで~。とばよ~。