ハングルマスター

韓国語独学者におくる単語集

韓国映画:ワンライン/5人の詐欺師たち

この記事をシェアする

皆様、こんにちは!
今回、おすすめする韓国映画は【ワンライン/5人の詐欺師たち】です。

原題は『원라인』です。
タイトルは、主人公が行う融資詐欺「ONE LINE ローン」からきています。日本での公開時、サブタイトル「5人の詐欺師たち」がついてますが…詐欺師、めちゃ出て来るからどの5人なのか分からん。きっとポスターの5人なのでしょうが、もしかしたら仲間の5人なのか、謎。

画像出典:원라인

あらすじ

貧しくも一見平凡な大学生のミンジェは、あらゆる経歴を偽って銀行からカネを借りる銀行ローン詐欺業界の伝説詐欺師チャン課長に出会い、才能を見出され瞬く間に業界の新星となる。頭脳明晰なミンジェは少年のように純な容姿を武器に、手がけた仕事をことごとく成功させていく。そんな中、チャン課長の長年のパートナーで野心家のパク室長はミンジェの活躍を快く思わず、チームは次第に亀裂が入り・・・。
(引用元:filmarks.com)

出演

  • ミン代理:イム・シワン
  • チャン課長:チン・グ
  • パク室長:パク・ビョンウン
  • ソン次長:イ・ドンフィ
  • ホン代理:キム・ソニョン
  • ギテ:パク:チョンファン
  • チョン刑事:アン・セハ   他

みどころ

画像出典:원라인

銀行を騙す融資詐欺をするメンバーたちのお話です。お金に困る人達を集め、身分証や勤め先の書類など偽造し融資を受けさせる。そして銀行から得たお金から手数料をもらうという詐欺です。

銀行を騙しているが、一般市民を困らせる詐欺ではないというところがポイントです。

お金に困っているミンジェは、チャン課長たちに融資詐欺のノウハウを受けたあと、詐欺を成功させるものの手数料を払わずとんずら。そしてチャン課長に捕まり、仲間に入れられる。ミンジェの苗字はミンではないが、ミン代理と偽名と使い融資詐欺を促す仕事をすることに。

その頃、融資詐欺が増えていることから、捜査をしていたチョン刑事の元に有力情報が舞い込むのだが、チャン課長の仲間の一人の裏切り行為によるものだった。

その後、チャン課長やミン代理はチョン刑事に顔が割れてしまう。指名手配されることも考え、チャン課長は当分は大人しくしてろというものの、ミン代理はギテと共に詐欺を続けることにする。

画像出典:원라인

少し、気になるのが毎回アディダスの紙袋にお金を入れているんですが…なんでアディダスなんやろ?なんか、そこが気になって「あっ、今回もアディダスや!」って思いながら見てました。ははは。

で、元々仲間のパク室長が悪質な融資詐欺をはじめ、自殺者も出始める。人を傷つけない詐欺をしていたチャン課長とミン代理は…果たしてどうするのか?

二人は、詐欺をやめるのか?捕まるのか?
パク室長の詐欺をとめることはできるのか?…と気になるポイントは、ぜひご鑑賞ください。

画像出典:원라인

大人しそうで、純粋そうな人に人間は騙されますよね。ずる賢くて、勘がよく、弁が立つ…そういうミンジェを演じるイム・シワンssiは、当たり役だと思います。

それに私は、何度かイ・ドンフィssiの演技が好きだと言っていますが…今回も良かったですよ~。超早口のシーンとかよく口が回るな~と思います。ちょっとへっぽこなところが最高に笑えて、さすがドンフィssiって感じでした。

ソニョン姉さんも、そこまでシーン多くはなかったが…安定の存在感です。人を傷つけることはしない!そういうスタンスがかっこよかったです。

最後に、ギテ!最初、使えない下っ端だったのに…ラストの体を張るシーンは、感動もんでした。それに純粋だし、こういう男の人すごく好きです。絶対裏切らない男って感じ。

もちろん詐欺は悪いことだし、犯罪なんですよ!なんですが、エンターテインメントとしてすっきり面白い作品です。ぜひ、見て欲しいです。

購入はこちら

韓流ドラマオンデマンド

スポンサーリンク