ハングルマスター

ゆきかわの韓国語の教科書

おすすめの韓国ドラマを紹介します【無法弁護士】編

この記事をシェアする

皆様、こんにちは!
今回、おすすめする韓国ドラマは【無法弁護士】です。

原題は『무법변호사』です。
イェジssi、綺麗で美しくてカッコよくてますます好きになりました!イェジssiファンの方には絶対に見て欲しいドラマです。

f:id:yukik8er:20210409172757j:plain

画像出典:hulu

あらすじ

幼い頃、人権弁護士だった母を目の前で殺され、母方の伯父で組織暴力団のボス、デウンの下で育ったポン・サンピル。成長した彼は、法と拳を巧みに使い分け、組織暴力団の弁護士として能力を発揮していた。そんなある日、差出人不明で1冊の手帳を受け取ったサンピルは、復讐のときがきたことを確信、18年ぶりに生まれ故郷キソン市に戻ることに。その町こそ、母が殺された因縁の場所だった。同じ頃、不当な判決を下した裁判官に歯向かい、半年の業務停止処分となった弁護士ハ・ジェイは、父が住むキソン市に帰郷。そこで「無法ローファーム」を開業したサンピルに出会う。ジェイの気の強さを買ったサンピルは、彼女を事務長にスカウトしキソン市長殺害事件の容疑者弁護に乗り出す。実は、サンピルの目的は、18年前の事件の鍵を握るある人物に近づくことで…。
(引用元:テレビ大阪)

出演

  • ポン・サンピル:イ・ジュンギ
  • ハ・ジェイ:ソ・イェジ
  • チャ・ムンスク:イ・ヘヨン
  • アン・オジュ:チェ・ミンス  他

f:id:yukik8er:20210409171933j:plain

画像出典:cinemart

みどころ

f:id:yukik8er:20210411133800j:plain

画像出典:tvN

母親を殺害された息子が弁護士になって復讐するのですが、復讐といっても犯人を法律で裁くというお話です。

主人公のポン・サンピルの元に届いた手帳に書かれた内容を元に母親殺害の犯人を一人ずつ追い込んでいきます。母親が失踪しているハ・ジェイを仲間に入れて…。

ハ・ジェイの母親失踪にも同じ犯人が関わっているのですが、ジェイはそのことを知らず、犯人であるチャ・ムンスク裁判官を尊敬していた。
あっ!犯人の名前言ってもいいのかな?でも、最初のほうですぐに明らかになるから、大きなネタバレにもならないと思うので…言っちゃいます。

チャ・ムンスク裁判官は、キソン市で一番の権力者で誰も歯向かうことができない存在で、手下のナム・スンジャやアン・オジュに汚い仕事をさせてきた。ポン・サンピルの母親もアン・オジュの手によって殺されてしまいます。

アン・オジュは、自身の悪事がポン・サンピルによって暴かれて、海外へ逃亡を試みたりとあがく、あがく。。。しかし、アン・オジュの最期は意外と嫌いじゃない。
らしいな…と思う。

ちなみに綺城(キソン)市は韓国には存在せず、架空都市です。
でもアン・オジュって釜山訛りない?「맞나?」とか、語尾に「~노」って使ってた気がする…。釜山じゃなかったかな~、う~ん。

f:id:yukik8er:20210411133924j:plain

画像出典:tvN

なんと言っても、この作品にはソ・イェジssiが出ているというところがポイントだと思う。最高に可愛い!もう、まじで好きです。
初回で最低な判決を下した裁判官をぶん殴るシーン、最高!もっと、やれ~!
大きな事件を追っているがために、もちろん危険な目にも遭いますが犯人に立ち向かう様は、もうカッコよくてハ・ジェイFCがあったら、即入会!って感じ。

そして、主人公のポン・サンピルを演じたイ・ジュンギssi。
細すぎて、細すぎて、、、戦ってる姿をカッコいいと思えなかったです。大丈夫?骨折れてない?え?もう、逃げちゃいなよ…と気弱になってしまう。

すごい、いい役だし、いい俳優さんなんだけどなんやろ…全然強そうに見えなかったわ。戦うのは、仲間たちに任せて弁護士だけやってたらええのに…って思ったり思わなかったり(?)

だって、あんなに体重軽くておじさんを引っ張り上げるのは無理やで、自分も落ちるって~!っていうシーンがあるのですが、おじさんが助かる見込みは0%って感じでしたもん。
もうちょっと太って欲しいな~ってぼやきで締めくくらせていただきます。

とばとば~!


www.youtube.com

購入はこちら

韓流ドラマオンデマンド

スポンサーリンク