ハングルマスター

ゆきかわの韓国語の教科書

おすすめの韓国映画を紹介します【82年生まれ、キム・ジヨン】編

この記事をシェアする

皆様、こんにちは!
今回、おすすめする韓国ドラマは【82年生まれ、キム・ジヨン】です。

原題は『82년생 김지영』です。

2016年に発行された小説が映画化されました。女性だけじゃなく男性にも観てもらいたい作品です。ぜひ一読ください。

f:id:yukik8er:20201015054233j:plain
画像出典:LOTTE ENTERTAINMENT

あらすじ

結婚を機に仕事を辞めたジヨンは育児と家事に忙殺され、時に閉じ込められているような感覚に陥ることがあった。ある日、ジヨンは他人が乗り移ったかのような言動をするようになり、さらにその時の記憶は全くなくなっていた。夫のデヒョンはジヨンにその真実を告げることができずにいた。(引用元:シネマトゥディ)

出演

  • ジヨン:チョン・ユミ
  • デヒョン:コン・ユ
  • ミスク:キム・ミギョン  他

みどころ

f:id:yukik8er:20201015054237j:plain
画像出典:LOTTE ENTERTAINMENT

一人の女性の取り巻く環境、日常を描き、妻として母として、そして娘としてのキム・ジヨンが詰め込まれた作品です。

次女で生まれたジヨン。下には弟のジソクがいる。姉とジヨンよりも可愛がられる弟。今もなお残る、女性よりも男性の方が優先、尊重される文化だ。
会社でも、どんなに一生懸命働いたところで、男性の方が先に出世し大きな仕事は女性には任せてもらえない。それは、女性はいつか結婚・出産と職場を離れるリスクが高いから。

女性ばかりが我慢しなければならない。日本にも残る男尊女卑…共感できるところが沢山あります。

f:id:yukik8er:20201015054242j:plain
画像出典:LOTTE ENTERTAINMENT

あるとき、ジヨンがジヨンではなくなってしまう。

いきなり他の誰かが乗り移ったかのような口ぶり、行動を起こすようになる。
ジヨン自体はその事に気付いていない。
ときどき記憶がなくなる、昨日のことが思い出せない…育児疲れで物忘れが増えたんだと思っていた。

ジヨンの変化に夫のデヒョンは気付いていて、病院を進めるも「どこも悪くない」と病院に行かないジヨン。

子供をシッターに預けて仕事に出ようとするジヨンに、デヒョンは「ときどき、君は変違う人になる」と伝える…というお話です。

f:id:yukik8er:20201015054246j:plain
画像出典:LOTTE ENTERTAINMENT

お正月に夫の実家に行って、ご馳走の準備。
嫁だけが休めない状況…姑が酷いように見えるかもしれないが…姑が若い頃(嫁に来た頃)は、姑がジヨンと同じだったのだろうと思う。

ジヨンが働きに行ってデヒョンが育児休暇を取ると姑に言ったら「息子の出世の邪魔をするな!」とジヨンを怒鳴る。
これも、酷く見える人もいるかもしれないけど…自分の息子の将来を考えたら自然と出てしまった言葉なんじゃないかな…とも思う。

ジヨンのお父さんも息子ばかり気にかけていて、母親が「あなたの子供はジソクだけなのか?」と泣きながら怒る場面があるのだが、決してお父さんもわざとではない…。
自身も男で生まれてみんながしてくれたことを息子にしていただけなのだ。

デヒョンは、ジヨンの力になりたいと親身になろうとするが…心が壊れてしまったのに気づいていないジヨンに何が出来るのだろう…。

私は小説を読んでいたので、ストーリーが分かっている状況で観ました。
小説と大きな違いはないが…映画の方は、ジヨンの明るい未来を予想させるエンディングになっていました。

女性は節目節目に環境がガラリと変わる。
一つ一つ対応していくには、何かを犠牲にしなければいけないこともある。
ただ、男性も責任や周りの目や親からの期待など、負うものが多いのも分かる。

男女関係なく一人一人に課せられるものは違って、乗り越えるための努力や逆に乗り越えるために諦めなければいけないこともある。
人生に正解はない。ただ、前を向くということが大切なんだと教えてくれました。

 


『82年生まれ、キム・ジヨン』予告 10月9日(金)より 新宿ピカデリー他 全国ロードショー

映画館情報はこちら

klockworx-asia.com

公式HPより上映中の映画館の確認ができます。
ぜひ、ご覧ください。

韓流ドラマオンデマンド

スポンサーリンク