ハングルマスター

韓国語独学者におくる単語集

韓国映画:ディヴァイン・フューリー/使者

この記事をシェアする

皆様、こんにちは!
今回、おすすめする韓国映画は【ディヴァイン・フューリー/使者】です。

原題は「사자」です。この単語は、意味が多く '使者・死者・獅子・私子・私財・嗣子・寫字' となりますが、この映画の場合「使者」、英題 [The Divine Fury] は、訳すと「神の怒り」だそうです。

アクションホラー映画なので、えぐいシーンもありますが、面白かったです。

画像出典:영화 사자

あらすじ

総合格闘技の若き世界チャンピオン・ヨンフ。彼は幼少期に事故により父を亡くし、神への信仰を失ったまま成長した。ある日、ヨンフは右手に見覚えのない傷ができていることに気がつく。彼は傷について調べるうち、何かに導かれるかのようにバチカンから派遣されたエクソシストのアン神父に出会い、自身に正義の力が隠されていることを知る。一方、街にはびこる悪が密かに彼らの前に迫っていた…。
(引用元:公式サイト)

出演

  • パク・ヨンフ:パク・ソジュン
  • アン神父:アン・ソンギ
  • ジシン:ウ・ドファン
  • スジン:パク・チヒョン
  • ホソク:チョン・ジフン
  • チェ神父:チェ・ウシク   他

みどころ

画像出典:영화 사자

刑務官だった父と二人暮らしだったヨンフ。飲酒運転の取り締まり中に、事故に遭った父を助けて欲しいと神に祈ったものの父は亡くなった。それ以降、神を信じることなくなった。

ヨンフは、ある日から手の平に傷が出来ており出血が止まらず、悪夢にうなされる日々。傷の正体を突き止めようとアン神父を訪ねたところ、神父が悪魔祓いをしている最中に出くわし、ヨンフは右手の傷から特別な力を出し悪魔を払うことに成功する。

その後、ヨンフはアン神父と共に人々を陥れる闇の主教を捜すようになる。

画像出典:영화 사자

ジシンを演じたウ・ドファンssiがかなり不気味で、見た目が綺麗な分、怖いわ…怖いわ~。悪に人の命を捧げる代わりに永遠の命を得ている…ていう怖い役どころながら、上手く演じれていたと思います。いや~、まじで不気味でした。

ジシンにより悪魔に取りつかれたスジンの悪魔祓い、なかなか怖かったですよ!ぜひ、ここは集中して見てもらいたいです。スジンの動きがとても奇妙で「わ、わ、スジン!!!」か、か、顔が~!!ヨンフがいなかったら退治できていなかったですよ。

画像出典:영화 사자

そして闇の主教の特殊メイク、怖すぎなんですけど。めっちゃこわいんだけど、闇の主教のわりに…ヨンフのパンチに早々とくらりとしちゃうのは、フィクションと言えど…ちょっと弱いなと。もう少し戦ってからくらりとするのは分かるけど、最初から結構パンチ食らってたな。ははは。

で、ラストがな~。あの俳優さん好きだけど、ヨンフでもない、アン神父でもない人が締めちゃったよ!で、続編がありそうな雰囲気で終わってしまうところが残念でした。もしも続編を作るとしても、一旦はきちんと締めてほしいものです。

それ以外は、面白かったです!

www.youtube.com

購入はこちら

韓流ドラマオンデマンド

スポンサーリンク