ハングルマスター

韓国語独学者におくる単語集

韓国映画:マ・ドンソクssiが超かわいい「スタートアップ」

この記事をシェアする

皆様、こんにちは!
今回、おすすめする韓国映画は【スタートアップ】です。

原題は『시동』で、「始動」っていう意味ですね。
今までの人生をやめて再スタート!未来が明るい映画で、最高に面白かったです。

画像出典:영화 시동

あらすじ

学校も嫌いで家も嫌い、ましてや勉強なんか大っ嫌いだと反抗し、母親に1日1発強烈ビンタを食らう少年テギル。親友サンピルが早くお金を稼ぎたい一心で社会に飛び込んだ時、あてもなく家を飛び出したテギルは偶然入ったチャンプン飯店でただならぬオーラを放つ厨房長コソクに出会う。激しすぎる挨拶を交わし、その直後から人生最大の敵となったコソクとテギル。怖いもの知らずだったテギルはチャンプン飯店で奇想天外な人間たちと出会い、世の中を学んでいくのだが…。
(引用元:公式サイト

出演

  • コソク:マ・ドンソク
  • コ・テギル:パク・ジョンミン
  • ウ・サンピル:チョン・ヘイン
  • ユン・ジョンヘ:ヨム・ジョンア  他

みどころ

画像出典:영화 시동

勉強嫌いの息子テギルを心配し、予備校に通えとうるさい母。予備校のお金を中古バイクにつぎ込み、母親と喧嘩したテギルは家出。

反抗期真っ只中なテギルが超かわいい。

家出中、ある食堂へ。
その食堂「チャンプン飯店」がバイクの配達員を募集していたため、住み込みで働かせもらうことに…。チャンプン飯店には、おかっぱ頭のコソクがシェフとして勤めているのだが、腕っぷし強いコソクと喧嘩っ早いテギルはなんかあれば殴り合いに…。

これが、また面白い。
仲が悪いのではなく、喧嘩するほど仲がいいという感じです。

チャンプン飯店で出会った仲間や、配達がきっかけで知り合ったギョンジュたちと働くことの楽しさを学んでいくテギル。そして初給料を貰った後に、母親の現在の状況が気になり、母親の元に顔を出すも学校に行けとまたも説教をくらう。

息子が心配な母、学校に行かなくても一人でもやっていけるという姿を見せたいテギル。相容れない二人の関係は、いつか修復するのだろうか…。

画像出典:영화 시동

このコソクは、顔に似合わず可愛いところが多く…TWICEのファンなのか歌番組を見ながら踊るというシーンが激かわっ!しかも、フリが全然合ってないというところが最高。

このおかっぱ頭は、こういうキャラなのか?と思っていたら、正体を隠すための髪型だったという…。腕っぷしが強いこの男、実際は料理人ではなく闇の…。。。
ここは、ネタバレ禁止ということで…映画を見てご確認ください。

画像出典:영화 시동

テギルの友人、サンピルも反抗期真っ只中。家族は、認知症の祖母のみ。お金を稼ごうと違法の消費者金融で働くことに。そんな仕事を辞めろとテギルに諭されるも、言うことを聞かず違法の取立てに腹を立てた債権者にやられてしまう。

その後、自身がやっている仕事に嫌気が差し辞めようとするものの時すでに遅し…簡単にやめられない状態に…。

現状から抜け出したいがそれが簡単にいかないこと…新しい人生をスタートするのに遅いことはないと勇気も貰える上に、めちゃ笑えるシーンが多くて…この映画は沢山を人を幸せにする映画だなと思いました。

ふと疲れた時は、マブリーを見て元気を出そう!

www.youtube.com

購入はこちら

韓流ドラマオンデマンド

スポンサーリンク