ハングルマスター

韓国語独学者におくる単語集

おすすめの韓国映画を紹介します【7番房の奇跡】編

この記事をシェアする

皆様、こんにちは!
今回、おすすめする韓国映画は【7番房の奇跡】です。

原題は『7번방의 선물』です。
実際にあった事件から作られていますが、フィクションも加え涙なしには観れない作品となっています。
どの国にも「えん罪」は存在します。「えん罪」から生まれた悲しい中にも愛が詰まった作品です。ネタバレしていますが、良かったら一読ください。

f:id:yukik8er:20211128125942j:plain

画像出典:영화 7번방의 선물

あらすじ

春には黄色いランドセルで学校へ・・・娘の入学式を夢見ていた、知的年齢が6歳の父親ヨングと、しっかりものの6歳の娘イェスンに突然の事件が影を落とす。ヨングは殺人の容疑で逮捕、収監。娘はひとり寂しく父を思い、塀の中では父が娘に会いたいと思いを馳せていた。そんなある日、ヨングに命を助けられた7番房の房長と仲間たちが、娘イェスン潜入大作戦を決行!しかし、二人の幸せな時間は長くは続かず・・・。裁判の最終弁論、ヨングは最後の最後になぜか無実の罪を認めてしまうのだった。 数年後、娘イェスンは弁護士となり父の無罪を証明するために奔走する。そして父が本当に守りたかったものが時を越えて明かされる・・・。
(引用元:filmarks)

出演

  • イ・ヨング:リュ・スンリョン
  • イェスン(子供時代):カル・ソウォン
  • イェスン(大人):パク・シネ  他

みどころ

f:id:yukik8er:20211128130036j:plain

画像出典:영화 7번방의 선물

知的障害を持つ父親のヨングは、一人娘のイェスンが欲しがっているセーラームーンが描かれたランドセルを買おうとしていて毎日ランドセルが置いてあるお店を二人は訪れていた。そのランドセルを取り扱っているお店は1店舗しかなく、そしてそのランドセルは残り1点だった。
目の前で売られていくランドセル。ヨングは、自分が買うからとランドセルを背負った少女と一緒にいた両親に懇願するも購入することができなかった。

その後、スーパーで警備の仕事をしていたヨングの元にたまたまスーパーに来ていたランドセルの少女が声をかけます。
「ランドセル買った?他のお店にも売ってるよ」と…。ヨングは、その少女の道案内でランドセルを売っているお店を探します。

そこで、事故が…。
少女が凍結した道路で滑り、頭部を強打…ヨングは少女を助けようと人工呼吸などして蘇生を試みます。そこに通りかかったおばさんが、ヨングが少女を襲っているように見え、通報→ヨングは逮捕→収監→娘に会えなくなる。

ヨングは、刑務所の7番房に入れられます。ヨングの「娘に会いたい」という願いを聞いた7番房の囚人たちは、施設に入れられた娘のイェスンを2時間(だったかな?)だけ誘拐することに成功。ヨングはイェスンと再会を果たします。

誘拐というか…ヨングの娘が刑務所(7番房)内にいることは、すぐにばれてしまいます。またも離れ離れになる父と娘。

f:id:yukik8er:20211128130054j:plain

画像出典:영화 7번방의 선물

ヨングのように心が綺麗な人間が殺人なんて起こすわけない、7番房の囚人たちはヨングの無実を訴えるために刑務所内で嘆願書の書名を集めたり、また刑務所の課長までも事件を調べヨングの無実を訴えようとします。

そこで、めちゃ嫌な弁護士!国選弁護師のある一言「お前が死ねば、娘(イェスン)は助かる」という言葉によって、ヨングは裁判で自分が犯人だと嘘の自白をしてしまいます。

死刑判決を受けたヨングは、残り少ない時間を刑務所で過ごすのですが…7番房の囚人たちと刑務所課長は、最後にイェスンに会わせてあげたいと…作戦を練ります。

この後は、涙なしには見れません…。ラストは、映画をぜひ見てもらいたいと思います。
大人になったイェスンは弁護士となり、亡くなった愛する父のえん罪を晴らそうとする…という作品です。

実際は、えん罪で刑を執行され出て来てからえん罪を晴らしたという実話をいろんなフィクションを混ぜて作られた作品です。
イェスンが刑務所内に潜入するところだったり、最後に二人をどうにか刑務所から逃がそうとするところは、かなりのフィクションなので「え~!」と思う人もいるかもしれません。
ただ、私が言いたいのは、知的障害があるからといって上手く言って相手を陥れて犯人に仕立て上げて、っていう構図が許せず、こういうことが本当に存在するんだよ!ということを知ってもらいたいということ、そして家族の愛や、囚人であったとしても心をきちんと持っている、刑を全うし外に出てからきちんと生きてる人もいるということ…思いやりがある人や心が綺麗な人は、感動する作品だと思います。
「そんなことあるかい!」なんて思う人は、心が荒んでるな…と思う。

主人公のヨングを演じたリュ・スンリョンssi、素敵でした。イェスンの子供時代を演じたソウォンちゃん、めちゃ可愛かったです。感動をありがとう。

www.youtube.com

購入はこちら

韓流ドラマオンデマンド

スポンサーリンク