ハングルマスター

ゆきかわの韓国語の教科書

韓国文学『私は私のままで生きることにした』を紹介します!

この記事をシェアする

皆さま、こんにちは。

韓国で80万部、日本で22万部の2019年ベストセラーになった『私は私のままで生きることにした』をご紹介いたします。

イラストも可愛く、とても読みやすくて、心が軽くなるエッセイです。
私の今までの経験も踏まえつつ、この本を読んで気付かされたことを記事に致します。
ぜひ、一読くださいませ。

f:id:yukik8er:20200316204036j:plain
画像引用:私は私のままで生きることにした

「私は私のままで生きることにした」

イラストレーター/作家:キム・スヒョン
訳:吉川南

原題『나는 나로 살기로 했다』

他人の人生なんかより自分の人生

今の時代、SNSの普及で身近な人以外にもすぐに繋がってしまう。

そして、赤の他人にも関わらず自分の生活と比べて羨ましく思ったり、そして疎ましく思ったりすることも簡単にできるようになってしまった。

Instagramでおしゃれなカフェばかりの画像をアップする人、お買い物したものを紹介する人、そんな見ず知らずの人と自分を比べなくてもいいのに、充実してていいな...「それに比べて私なんて」と思ってしまう。

私も以前、たま〜にしか行かないカフェで写真を撮りInstagramにあげるということをしていた。
あるとき、ふと思う。

誰が見て楽しいの?私自身、無理してるなと気付いてしまった。

そして、その投稿は消した。
自分らしくないことをするものではない。

人に良く見られたい?それ、一体なんなのよと気付かされます。

自分らしい/あなたらしくないとは?

たまにドラマのセリフで「あなたらしくない」というフレーズを耳にするが一体どういうこと?

このセリフを誰かに言われたら「あなたは私じゃないのに、何を分かった風に言ってるわけ?」と思ってしまうだろう。

この本の中でも言っているが「あなたらしい」「自分らしい」とは一体なんだろうか?

私は、たまに「自分は、こういう人間です」と言ってしまうときがある。
それが自分らしい・らしくないを区別するものだろうか?

いや、ただ単に自分の意見というか考えを述べているだけで...こういう人間ですというフレーズを付け加えるのは「私の事、理解してくださいね!」と上から言っているだけだとこの本を読んで気づいた。

そのとき、今までの私は他人からとても面倒な人間に見えていただろうとも思った。

また、そういう人間にならなければいけないという自分へのプレッシャーだったようにも思う。

「私、正義感強いんで映画館で上映中に喋ってる人に注意します。私、そういう人間です。」
周りからしたら『それがなんだ?』と思っていただろうに。

得られたもの

今までの自分を否定するのではなく、新しい考え方が増え、ストレスに思ってたこと・理解できなくて悩んでいたこと・後悔していたことがなくなった。

それは悩みが無くなったということではなく、こういう風に考えれば良かったのかと気付かされたから。

私は、以前働いていた会社の上司の言動が許せなくて未だに思い出すとイライラするときがある。
この本の中に『通りすがりの人に傷付けられないように』という言葉があって...はっ!とした。

私の人生の一部よりも少ない、一瞬すれ違った人になんでこんなにもイライラしたり、辛い、しんどい思いをしていたのだろうと、ふと無駄な感情だったなと思いました。

イライラするのは仕方ない。
でも、そんなしょうもない奴にイライラしてる時間も感情も勿体無い!

そんな風に思うと、なんか笑ってしまった。
この本を読み終わったとき、ちょっと笑顔になった自分がいたのだ。

この本は、間違いなく私のこれからに役に立つ一冊になること間違いなし。

10人いれば10人違った感想を持つと思いますが、私はぜひ皆さんにも読んで欲しいなと思いました。

ご興味ある方は本屋さんへゴーゴー。

ネットで買うならコチラ

ハングルで読みたい方は下記画像をクリック!amazonの購入画面に飛びます。

スポンサーリンク