ハングルマスター

韓国語独学者におくる単語集

韓国映画:第69回ベルリン国際映画祭 審査員賞グランプリ受賞作「はちどり」

この記事をシェアする

皆様、こんにちは!
今回、おすすめする韓国映画は【はちどり】です。

原題は『벌새』です。
1994年の韓国を舞台に、思春期の少女ボラの心の葛藤やその時代の韓国の経済状況などをニュース場面を含め表している作品です。面白いどうこうではなく、韓国の歴史の一部分が見れると思います。

画像出典:영화 벌새

あらすじ

1994年、空前の経済成長を迎えていた韓国、ソウル。14歳のウニは、両親、姉、兄と集合団地に暮らしていた。学校に馴染めず、別の学校に通う親友と遊んだり、男子学生や後輩女子とデートをしたりして過ごす日々。ウニは、自分に無関心な大人に囲まれ、孤独な思いを抱えていた。
ある日、ウニが通う漢文塾に女性教師のヨンジがやってくる。大学を休学中のヨンジは、どこか不思議な雰囲気を漂わせていた。
(引用元:filmarks)

出演

  • ウニ:パク・ジフ
  • ヨンジ:キム・セビョク  他

みどころ

画像出典:영화 벌새

ウニの両親は餅屋を切り盛りしており、子供たちに対して関心を向ける余裕がない。期待されている兄は、親のいないところでウニに何度も手をあげる。

ウニの姉は、家を抜け出したり塾にも行かずボーイフレンドと遊びふけっている。ウニは、学校でも馴染めず一人で授業中に絵を描いたりして過ごしている。ウニは漢文塾に通っており、そこへ通うジスクだけが友達だ。

未成年でありながらタバコを吸ったり、クラブに行ったり、ウニは不良少女そのもの。そんなウニに憧れて声をかけてくる後輩がいたりと、ウニの環境がゆっくりと変わる様子を表しています。

彼氏と別れたり、よりを戻したり
友達に裏切られたり
…ウニの思春期の記録といったところなのですが、この作品はいつの時代にもどこの国にもある家父長制度により、子供が親に委縮し自分の感情を押し殺したり、上手くいかない理不尽な環境に反抗する子供たちの心の叫びなのではないかと思う。

画像出典:영화 벌새

そして、ある日漢文塾に行くと、ヨンジという女性が新しい先生としてやってくる。
ウニは、自分の話に耳を傾けてくれるヨンジに心を開いていくのだが…。

その後、突然ヨンジが漢文塾を辞めたと聞きウニは会えなくなってしまったのだが、ほどなくしてウニのもとにヨンジから一通の手紙と小包が届く。

そして、ウニはヨンジに会いに行こうとする…というお話です。

日本では、このような作品は作られないでしょう。わ~きゃ~言うだけがエンターテインメントではない。1作品として、とても完成度が高くこの作品をもっと若いころに見ていたら世界の見方も変わったのではないかと思う。

ウニが感情を爆発させる瞬間、私もあのとき目一杯自分の感情を爆発させていたら今が変わっていたのかもしれない。我慢して過ごした思春期の自分とリンクしてしまい、すごく考えさせられました。

機会があったらぜひ見て欲しいです。

www.youtube.com

購入はこちら

韓流ドラマオンデマンド

スポンサーリンク