ハングルマスター

韓国語独学者におくる単語集

おすすめの韓国映画を紹介します【暗数殺人】編

この記事をシェアする

皆様、こんにちは!
今回、おすすめする韓国映画は【暗数殺人】です。

原題は『암수살인』です。
実際に起きた事件から作られた作品です。サイコパスな殺人犯に翻弄されながらも被害者のため真相に迫る刑事…ドキュメンタリーに近い映画だと思います。

f:id:yukik8er:20211031125757j:plain

画像出典:暗数殺人 公式サイト

あらすじ

恋人を殺したカン・テオから計7人を殺したと告白された刑事のキム・ヒョンミンは、証言以外に証拠はなく警察内部で信じる者は誰もいなかったが、自白の内容は本当だと感じ、上層部の反対を尻目に捜査に乗り出す。やがて証言通りに白骨化した死体が見つかるが、テオは「死体を運んだだけ」と証言を覆す。
(引用元:シネマトゥディ)

出演

  • キム・ヒョンミン:キム・ユンソク
  • カン・テオ:チュ・ジフン  他

みどころ

f:id:yukik8er:20211031125856j:plain

画像出典:영화 암수살인

これは、韓国で実際に起きた殺人事件を基に作られた作品です。
なので、完全フィクションのようにわーきゃーみたいなことはなく、じんわりとストーリーが進みます。

殺人犯のカン・テオは、拘留中に刑事のキム・ヒョンミンに自分は「7人を殺害した」と証言をするところから話はスタート。
殺人を起こした犯人だから、もちろん証言も正しいところもあり…刑事のキム・ヒョンミンは、上層部に深い追いするなと言われつつも捜査を独断で始める。

7人殺害の供述書を書いたテオだったが、実際に埋められていた死体(遺骨)を発見後に自分は「死体を運んだだけだ。殺していない。供述書は刑事に書け」と言われたと言い出す。

証拠がもっと欲しいヒョンミンは、物やお金をテオに渡し事件の真相、被害者を探そうとする。そして、発見された遺骨からある女性の特定に繋げるというストーリーです。

f:id:yukik8er:20211031125908j:plain

画像出典:영화 암수살인

正直、ラストは現在も未解決なことも多く発見されていない死体や本当にテオに殺害されたのかという物的証拠もなく…テオの捜査攪乱のための嘘の供述の可能性もありと見終えた今も心ざわざわ。。

面白い面白くないという話ではなく、こういう殺人者が実際にいたということ。そして、この殺人者を作ってしまった要因とは?というところがポイントだと思います。
そして、被害者のためにと執念で今も捜査をしている刑事がいるということ…考えさせられる話でした。

刑事って…警察って、あまり信用できないじゃないですか?ドラマだけじゃなくて、実際に嘘の証拠をでっち上げて起訴したりとか、嘘の証言を書かれたりとか…。
こういう正義感をきちんと持っている刑事さんがいるということに少し感動もしました。

何と言っても、刑事役のキム・ユンソクssiが凄くよかったです。あまり大きく感情を表すこともなく、淡々としている中で執念深い一面を出す…そういう芝居ってうまく表現できないと思うのですが、とても素晴らしかったです。

そして、犯人役のチュ・ジフンssi。怖いってまじで。
カッコいい役者さんだな~といつも思っていたけど、今回の役…本当に怖かったです。二重人格なの?精神的に頭おかしいっていうか…まぁ、サイコパスですよ。いきなり大声出したり、笑い出したり、なんか見てて気持ち悪くなりました。こんな人間が身近にいたら本当に恐怖です。

この作品は、釜山訛りがすごくあるのであまり聞き取ることができずほぼ字幕を頼りに観ました。絶対に観た方がいいよ!という作品ではないですが、こういう事件が実際に存在したという意味で興味深い作品でした。

www.youtube.com

購入はこちら

韓流ドラマオンデマンド

スポンサーリンク