ハングルマスター

韓国語独学者におくる単語集

韓国ドラマ:ソン・イェジン主演 悲しい物語「39歳」

この記事をシェアする

皆様、こんにちは!
今回、おすすめする韓国ドラマは【39歳】です。

原題は『서른, 아홉』です。
39歳の女性3人のお話なのですが、どんな内容か確認せずに見たため思ってた内容と真逆でした。ハッピーなドラマではなく、切ないドラマでした。

画像出典:JTBC

あらすじ

皮膚科クリニックの院長を務めるチャ・ミジョ、女優を目指していたが演技指導者になったチョン・チャニョン、デパートの化粧品売り場でマネージャーを務めるチャン・ジュヒの3人は、高校時代に出会い20年もの間、うれしいことも辛いことも一緒に乗り越えてきた。そして、突然降りかかる悲しみに3人で立ち向かう。
(一部引用元:NETFLIX)

出演

  • チャ・ミジョ:ソン・イェジン
  • チョン・チャニョン:チョン・ミド
  • チャン・ジュヒ:キム・ジヒョン

画像出典:JTBC

みどころ

画像出典:シネマトゥディ

よく集まり楽しく食事やお喋りを楽しむ独身の3人組。ある時、3人で健康診断を受けたのだが、チャニョンが癌であることが発覚する。

皮膚科医のミジョは、パニック障害を持っており、心を休ませるため自身の病院を一度離れ、アメリカへ1年ほど過ごす予定にしていた。チャニョンの病気が分かり、治療を勧めるもチャニョンは、治るのが治療だ延命措置は治療じゃないから受けないと言い出す。2人は何度もぶつかるが、ミジョはアメリカ行きを取りやめ残り少ない3人と過ごす時間を大切にしようとする。

ジュヒは、ミジョとチャニョンとは違い、穏やかで純粋で何事もぐっと飲み込んでしまう性格だ。何に対しても慎重でミジョやチャニョンに言いたい事があっても我慢してしまうのだが…チャニョンの病気が分かって以降は、自分の感情を表現できるようになってくる。一番心打たれたシーンは、ミジョとカフェで話すシーン。言えなかったことを涙を流しながらミジョに訴える姿に涙した人も多いと思います。

このドラマは、仲良し3人組の一人が病気で余命僅かと分かり、その間どのように過ごすのかというストーリーです。ほぼ涙を流すシーンばかりでしたが、チャニョンの行動を見て強いな~と…カッコいいな~と同じ女性として尊敬できるシーンが多かったです。

私情を挟みますが、私も39歳なので…もし私が病気になったら、死ぬ時の準備を少しずつしなきゃな…といろいろ考えさせられました。あと、人間ドックも毎年受けなきゃな…とか。。。

画像出典:シネマトゥディ

チャニョンのジンソクを一途に想う気持ちや、一人娘が余命僅かと知る両親や、仲良し3人だけの話ではありません。ミジョの実の母親を見つけるということが、チャニョンのwishリストに入ってるというところもポイントです。
なぜなら、ミジョとチャニョンの出会いは、ミジョが実の母親探しをしているときに出会ったため、きっと20年もの間チャニョンの心に残っていることだったのだと思う。

全てを美しく描いているわけではなく、こんな人もいる、こんな親もいる、こんな状況にもなりうる、そういう簡単ではないことをドラマにしていると思います。

気になっている方は、ぜひ観てください。

www.youtube.com

韓流ドラマオンデマンド

スポンサーリンク