ハングルマスター

ゆきかわの韓国語の教科書

おすすめの韓国映画を紹介します【Be With You ~いま、会いにゆきます】編

この記事をシェアする

皆さま、こんにちは!
今回、おすすめする韓国映画は【Be With You ~いま、会いにゆきます】です。

原題は『지금 만나러 갑니다』です。
竹内結子さん主演の日本映画のリメイクです。内容はほぼ同じの作品ですが、少しだけ物語が変わっているところがあります。日本版を見た方も見ていない方もご興味あれば、感想を一読いただければと思います。

リメイク作品なので、ネタバレありの感想です。

f:id:yukik8er:20210530091124j:plain

画像出典:dtv

あらすじ

雨の季節に戻るという信じがたい約束を残してこの世を去ったスア。
それから1年後、梅雨が始まったある夏の日、生前と同じ姿のスアが現れる。
しかしスアは夫であるウジンが誰なのかさえ覚えていなかった。
自分のことを覚えていなくても、彼女がそばにいるという事実だけで幸せに包まれるウジンと、覚えてはいないが彼とのなれそめが気になるスア。
ウジンが聞かせてくれた出会い、初恋、初デート、幸せな瞬間を共に分かち合った2人は、もう一度恋に落ちる。
しかし、永遠に続くかのような幸せな時間は瞬く間に過ぎて、梅雨が終わると同時に
スアとウジンには、これ以上引き延ばせない運命の時間がやってくるのだが…。
(引用元:klockworx)

出演

  • ウジン:ソ・ジソプ
  • スア:ソン・イェジン
  • ジホ:キム・ジファン
  • ホング:コ・チャンソク  他

みどころ

f:id:yukik8er:20210530091735j:plain

画像出典:영화 지금 만나러 갑니다

妻を亡くしたウジンは、息子のジホと二人暮らし。
生前、妻のスアは1年後の梅雨の季節に会いに来ると言い、亡くなった。

日本版では「雨が降る季節」とざっくりした設定だったが、韓国版は「梅雨の季節」と分かりやすく設定されているところが違いの一つ。
いわゆる「梅雨入りです」で現れて「梅雨明けしました」で姿を消すというところがわかりやすい。

1年後に現れた妻のスアは、生前よりも若く美しく…そして記憶を失っていた。
ここから本気のネタバレをします!

記憶を失っていたスアは、ウジンとジホの話から「この人の妻でこの子の母親」ということは理解できたが、全然思い出せない。ウジンとジホは、再び現れたスアに死んでいることは言えず、病気で入院していたと話す。
ウジンは、スアに「私たちのなれそめを話して欲しい」と言われ…二人が出会った学生時代から話をし始める。

その後スアは、再びウジンと恋をする…という流れです。

そして、スアは自身が生前書いていた日記を見つけ、自分が1年前に死んでいることを知る。そして、学生時代に事故に遭いタイムスリップをしたことも…。
そう、事故でタイムスリップしたスアは…自分が死んで1年後の梅雨の季節に自身の夫と息子に会っていたのだ。

梅雨の季節が終われば、姿を消してしまう→元の時代に魂が戻ると知ったスアは、息子のジホに家事を教え始めるというストーリーです。

f:id:yukik8er:20210530091843j:plain

画像出典:영화 지금 만나러 갑니다

この韓国版は、ちょっと笑えるシーンもあったりで日本版の終始どんよりした作品ではありません。キャラクターも明るいのが特徴です。

日本版は、完全なお涙頂戴系なんですが…韓国版は「あれ?この人も出演してるの?」とサプライズがあったり、ジホが大きくなった姿をパク・ソジュンssiが演じたりと豪華で愉快なシーンが所々に散りばめられています。
韓国の映画やドラマでは、よく豪華俳優のカメオ出演で盛り上げてくれますね!

このシーンいいな~と思ったのは、ジホのクラスメイトが「お父さんが洗車すると翌日は絶対に雨が降る」というのを聞いたジホは、そのクラスメイトの家に行き勝手に車を洗いはじめるのです。うわ~、泣きそう~ってなります(←勝手に泣けばいい…)

ただ、気になったのはジホの学芸会のシーン。子供たちが将来何になりたいかと宣言していくところでジホがスアに向けて宣言するシーンが感動的なのですが、そのジホを見て勝手に洗車されて激怒してたクラスメイトの母親がこれでもかっていうほど拍手してたところ。いや、この人…もっと後ろの方に配置せぇよ。な~んて思ってしまいました。ははは。

原作や日本版を大幅に変えることなく、韓国映画っぽさも取り入れている作品だと思います。ご興味あったら見てください。


www.youtube.com

購入はこちら

韓流ドラマオンデマンド

スポンサーリンク