ハングルマスター

ゆきかわの韓国語の教科書

ヘヨ体について学ぼう。ヘヨ体の仕組み!

この記事をシェアする

皆さま、こんにちは~。
今回は「ヘヨ体」について学びましょう。

以前、「아요・어요」について記事を書いていますが、より詳しく書いたので併せて読んでみてください。

f:id:yukik8er:20190702000431j:plain

ヘヨ体とは?

ヘヨ体もハムニダ体と一緒で「~です・~ます」口調となります。
こちらは、基本文語では使用しません。
もっぱら口語です。

ただ、手紙やメールでヘヨ体を使ったからと言って間違いではありません。
丁寧な文章を書くなら、ハムニダ体が基本ということです。

丁寧ではありますが、ハムニダ体より少しカジュアルかと思います。
先輩や、まだタメ口を使うのは早いかな~なんて人にはちょうどいいかと思います。

無理にハムニダ体を使うと相手との距離を感じてしまうので、普段の生活ではヘヨ体を使うのがいいと思います。

ヘヨ体に変えるには?

原形の語幹【다】【아요】もしくは【어요】に変えます。
【다】の前の文字を確認してください。

  • 【아요】➔【다】の前の文字の母音が「ㅏㅗ」のとき
  • 【어요】➔【다】の前の文字の母音が「ㅏㅗ」以外のとき


なので、ほぼ【어요】です。

ヘヨ体を活用してみよう!

では、2つの例単語を使用します。

【보다】ポダ(見る)
  ↓↓
【봐요】パヨ(見ます)

「보」【ㅗ】なので「보 + 아요 」

あれ?「보아요」にならないの?とお思いでしょうが...語幹の最後の母音にパッチムがない場合は、省略・縮約します。


【먹다】モクタ(食べる)
  ↓↓
【먹어요】モゴヨ(食べます)

「다」を外し「먹 + 어요」になります。

4つの形体

ヘヨ体は、4つのニュアンスで活用できます。
例えば「食べる」という単語のヘヨ体『먹어요』で説明します。

  • 平叙文:食べます
  • 疑問文:食べますか?
  • 命令文:食べなさい
  • 勧誘文:食べましょう


例えば『이거 먹어요?』で「これ、食べますか?」となります。
『빨리 먹어요』で「早く、食べなさい」
『같이 먹어요』で「一緒に食べましょう」と訳せます。

あとがき

ヘヨ体は、とても便利です。
疑問文にするときは、語尾を上げるだけです。簡単!

丁寧な言葉でハムニダ体よりもかしこまった感じがしないので一番使いやすい文体となります。 

それでは、このへんで!!

スポンサーリンク