ハングルマスター

ゆきかわの韓国語の教科書

韓国語「ある・ない」「いる・いない」とは?【있다・없다】使い方を学ぼう!

この記事をシェアする

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「ある」「ない」について勉強しましょう。

「あります・います」「ありません・いません」と丁寧な言葉をご紹介します。
ぜひ、ご活用ください。

f:id:yukik8er:20200117200410j:plain

解説

【있다】
読み:イッタ
発音:it-tta
意味:ある・いる


【없다】
読み:オプタ
発音:ŏp-tta
意味:ない・いない

日本語では、人や動物に対して「いる・いない」
物に対しては「ある・ない」と言いますが、韓国語は【있다・없다】で表します。

ハムニダ体 現在形

【있습니다】
読み:イッスムニダ
意味:あります・います


【없습니다】
読み:オスムニダ
意味:ありません・いません

ハムニダ体 過去形

【있었습니다】
読み:イッソッスムニダ
意味:ありました・いました


【없었습니다】
読み:オソッスムニダ
意味:ありませんでした・いませんでした

例文

・시간이 있습니다.
読み:シガニ イッスムニダ 
訳:時間があります

・남자친구는 있습니까?
読み:ナムジャチングヌン イッスムニッカ?
訳:彼氏はいますか?

・간식이 없습니다.
読み:カンシギ オスムニダ
訳:おやつがありません

・여자친구는 없습니까?
読み:ヨンジャチングヌン オスムニッカ?
訳:彼女はいませんか?

・사전은 있었습니까?
読み:サジョヌン イッソッスムニッカ?
訳:辞書はありましたか?

・저축이 전혀 없었습니다.
読み:チョチュギ チョニョ オソッスムニダ
訳:貯蓄が全くありませんでした

あとがき

「ある」「いる」「ない」「いない」は、たくさんの例文が作れそうですね。
いろんなパターンで例文を作って作ってみてください。


ではでは、このへんで~。

スポンサーリンク